ピート・ドハーティ、観るのが辛くて(?)ザ・リバティーンズ映画のプレミアに現れず

ツイート
水曜日(4月27日)ロンドンのクラブTroxyで、ザ・リバティーンズのドキュメンタリー『There Are No Innocent Bystanders』のプレミアが開かれ、ピート・ドハーティを除くメンバー3人が出席した。

これが欠席した理由なのか定かではないが、監督のロジャー・サージェントは映画を観たときのピートのリアクションについてこう話している。「彼にとって、とても感情的で観るのが辛いようだった」「彼らは僕にすごく正直でオープンだった。バンド・メイトについても、すごく正直でオープンだった。だから、それを観るのは辛かったようだ」

「この映画で、みんな、初めて真実を目にすることができる。ピートに関しては間違いなく、この映画までは偽りばかりだった。まるでホラー映画に登場する悪者のように、悪魔みたいに描かれてきた。実際はそうじゃない」

『There Are No Inoccent Bystanders』は2010年に行なわれたザ・リバティーンズのリユニオンを追いかけたもの。ライヴ・パフォーマンスのほか、リハーサルの模様やバンド・メンバーそれぞれのインタヴューを収めている。

Ako Suzuki, London

◆BARKS洋楽チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報