「無ON」のチャリティライブ「MUONのYAON」、歌も地声で真っ向勝負

ツイート

「NAONのYAON」ならぬ「MUONのYAON」というイベントが2011年5月7日(土)に開催される。MUONとは、無ON。電源スイッチをONすることのない「無ON」のチャリティライブだ。

「NAONのYAON」とは、SHOW-YAのプロデュースで開催されてきた女性アーティストだけを集めた野音で開催される名物イベントで、あくまで出演者はすべて女性という点にこだわり、1987年から1991年まで開催されてきたものだ。

今回企画された「MUONのYAON」は、SHOW-YAのボーカリスト寺田恵子を中心としたチャリティライブで、できる限り電力を使わない形で音楽を提供し、少しでも多くの笑顔と元気が生まれる環境を作りたいと考えたもの。

全く電気を使わずというのが「MUONのYAON」の骨子だが、通常のアコースティックライブとは異なる演出も考えているという。ボーカルはマイクも使わず地声勝負だ。楽器もアコースティックギターなど、生楽器が中心となる。生唄・生音という音楽の形は、アーティストのパワーをよりダイレクトに感じられることだろう。

入場料は無料だが、終演後、出演アーティスト自らが募金箱を持ち、来場したオーディエンスから義援金の協力を仰ぎたいという。このチャリティライブで集まった義援金は東京都を通して被災された皆様へ寄付される。

「MUONのYAON」~アンプラグドな「生唄」「生音」の音楽からうまれる「想い」を被災地へ~
2011年5月7日(土)開場:11:30 / 開演 12:00
@日比谷野外小音楽堂
出演:相川七瀬、河田純子、神取忍、杏子、SAKI(mixx)、浜谷真理子、水野美紀、みはる、SHOW-YA その他
入場無料
※アンプラグドの演奏
ボーカルはマイクを使わず、地声。楽器は、電気を必要としないアコースティックギターなどを中心に使います。出演者は、SHOW-YA寺田恵子を筆頭にした様々なアーティストで、ミュージシャンに限らないエンターテインメントを提供する様々な分野の方々を考えております。さらに、お客様にも一緒に歌っていただける楽曲を選曲し、会場がひとつとなれる空間をつくります。
※「想い」を形に
「被害に苦しむ人たちの力になりたい」という出演者・お客様の想いを義援金という形にかえ、寄付します。音楽人として、私たちの力を届けたい。今出来ることを形にして歌います、演奏します。
この記事をツイート

この記事の関連情報