RESPECT、ロバジョン生誕100年に悪魔に魂を売り渡す?

ツイート
ロバート・ジョンソンが生誕100年を迎えるという2011年5月8日、RESPECTの2人が渡米、アメリカ南部グリーンウッドにある墓前でライブを決行するという。世界各地のロックミュージシャンもトリビュートする、この音楽史に残る100年に一度のメモリアルイベントを日本のブルースファンと共有しよう、という自主番組企画だ。

◆RESPECT画像

時空を超えてブルースに取り憑かれた悪魔伝説100年の瞬間を現場から映像でリポート、その様子はUstreamで公開される模様だ。

ロバート・ジョンソンは、アメリカ南部の十字路で悪魔と取引をし、自らの魂と引き換えにそのブルースとギターテクニックを手に入れたという伝説を持つ、1930年代に活躍した男だ。たった29曲(42テイク)の録音とライブの評判を残して、27歳という若さで謎の死を遂げたが、彼の曲は今でも多くのロックミュージシャンが演奏し続け、誰もがしる名曲「CROSSROADS」や「SWEET HOME CHICAGO」など、アメリカ音楽史における最重要始祖の一人と位置付けられている。

古くはザ・ローリング・ストーンズからレッド・ツェッペリンまで、最近ではジョン・メイヤーも崇拝し、エリック・クラプトンは彼に捧げるカバーだけでアルバムを作りあげたのはご存知の通りだ。世界中の音楽シーンに影響を与えてきた半面、その姿を確認できる写真は数枚しか残されていないという。このような謎もまた、クロスロード伝説を深く根付かせてきた一因でもあろう。

そして、遠く離れた日本で新たなブルース伝説を作ろうとしている存在が、女子中高生ブルースバンドとして名をはせたRESPECTだ。姉妹と幼馴染で結成したこのバンドは、そのルックスと、年齢に全くそぐわない渋い選曲と演奏力で、うるさ方の多いこの手のオーディエンスを軽く悶絶させてきた。現在はリズム隊の脱退により活動を休止しているが、RESPECTの2ndミニアルバム『from the cradle』が5月18日に発売となる。

なお、4月で高2になったボーカル&ブルースハープの妹・紅葉(もみじ)と、同じく20才になったギター&ボーカルの姉・初夏(しょか)の大久保姉妹が組んだスピンアウト・プロジェクト、BLUES SISTERS from RESPECTも始動しており、国内のみならず、ブルース&ソウルファンから若手有力株として期待を集めている。

『from the cradle(フロム・ザ・クレイドル)』
PCD-18009 1,890(taxin)
・I'm Yours And I'm Hers (Johnny Winter)
・Funky Nassau (Beginning The End)
・Keep It Real
・Sad Songs
・Mo'B Blues
・Proud Mary (Ike & Tina Turner)
※10代女子らしい颯爽としたグルーヴと、リスペクトする黒い60sファンクから、ブルーズロックまで、名曲のカバーに加え海外アーティストからの提供曲、初めてのオリジナルに日本語歌詞の曲など、選曲も楽しいバリエーションに富んだ新機軸。ガールズバンドブームの中、最も硬派で、最も潔く、ファンキーな王道のロック魂で、往年のR&Bファンから永遠のギターキッズまで、音楽ファンのソウルを熱く刺激する。

◆RESPECT Ustream
◆オフィシャルサイト
◆RESPECTオフィシャルサイト
◆RESPECT FACEBOOK
この記事をツイート

この記事の関連情報