サブライム・ウィズ・ローム、ニュー・アルバム発売決定

ツイート
ロングビーチの伝説のバンド、サブライムが、新ヴォーカル、ローム・ラミレスを迎え、サブライム・ウィズ・ロームとして、ニュー・アルバム『ユアーズ・トゥルーリー』を7月27日に日本発売する。

◆「パニック」試聴

1996年のサブサイムのセルフ・タイトル・アルバム『サブサイム』を手掛けたポール・リアリーをプロデューサーに迎え、アルバムは制作された。サブライム・ウィズ・ロームのシンガー兼ギタリストであるローム・ラミレスは「スタジオでの作業は全て素晴らしかったよ。音の仕上がりも最高だし、時代を超えて愛されるアルバムが作れたって確信している。ファンに聴いてもらうのが待ち遠しいよ」と語る。アルバムからの1stシングル「パニック」は、6月8日にPC配信、着うた(R)、着うたフル(R)配信がスタート、9月18日には横浜スタジアムで開催される<AIR JAM 2011>への出演も決定となった。

亡くなったサブライムのオリジナル・ギタリスト/ヴォーカリストだったブラッドリー・ノウェルの未亡人トロイ・ノウェル・ホームスは語る。「サブライム・ウィズ・ロームは、ブラッドの代わりを見つけるとか、彼の事を忘れるって事じゃないんだって、ライヴ・パフォーマンスを通じてファンに訴えたのよ。音楽を祝福しようって。そして、ここから次の章が始まるの。ロームは、素晴らしいソングライターよ。バドとエリックの才能が彼をバックアップするわ。サブライム・ウィズ・ロームは、彼ら独自の色で輝くはず。新しい楽曲を聴くのが楽しみなのよ。だって、彼らは本当に才能があるから。」

サブライム・ウィズ・ロームは、2009年にラジオのクリスマス・ショーを含む何公演かでパフォーマンスをする為に結成された。想像以上の反響に、バンドはワールド・ヘッドライン・ツアーを企画、いっぱいに埋まったライヴ・ハウスでのライヴは、各地で素晴らしい評価を得ることとなった。サブライムの曲は常にラジオでオン・エアされてきたが、ロームも彼自身のヒット曲を持っている。これからはサブライム・ウィズ・ロームとして、素晴らしい作品を生み出してくれることだろう。

◆サブライム・ウィズ・ローム・オフィシャルサイト
◆BARKS洋楽チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報