ピンク・フロイド、ロジャー・ウォーターズの公演でリユニオン

twitterツイート
5月12日、ロンドンのO2アリーナで行なわれたロジャー・ウォーターズの<The Wall Live Tour>にピンク・フロイドのデヴィッド・ギルモア(G)とニック・メイソン(Dr)がジョインした。ロジャー・ウォーターズはかねてより、ギルモアから「<The Wall>のショウの1つで“C.Numb(Comfortably Numb)をやってやるよ」とのオファーを受けたと話していたが、それがこの夜の公演で実現した。

「Comfortably Numb」が始まって少しすると、ステージに設置された巨大なウォールの上にデヴィッド・ギルモアが登場、ウォールの下にいるロジャー・ウォーターズと壮大なパフォーマンスを繰り広げた。翌日、BBCの番組に登場した音楽ジャーナリストによると、客席にはニック・メイソンもおり、ドラムのリズムを刻んでいたという。

ニック・メイソンは多分、ステージに上がる予定はなかったのだろうが、ショウの途中、スタッフに呼ばれ客席から姿を消したそうだ。そしてショウの最後、「Outside The Wall」でロジャー・ウォーターズ、デヴィッド・ギルモアと共にステージに上がり、即興のパフォーマンスを見せた。前述のジャーナリストによると、これには「多くの男性ファンが涙していた」という。

短いながらも、ようやく実現したリユニオンだったが、残念なことにこれはあくまでもワン・オフに過ぎないという。デヴィッド・ギルモアのブログには「今後、スペシャル・ゲストとしてパフォーマンスを繰り返す予定はない」との残念な告知がなされている。

ロジャー・ウォーターズの<The Wall Live Tour>のロンドン公演は5月18日まで開かれる。

Ako Suzuki, London

◆ロジャー・ウォーターズ・オフィシャルサイト
◆BARKS洋楽チャンネル
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス