「ニコニコ動画で人生が変わった」── 香港出身のシンガー「ほんこーん」が語る激動の4年間

ツイート
── 現在は日本に留学されているんですよね。大学生活はいかがですか?

ほんこーん:留学したのは2010年の4月からなので1年経ちましたね。今は大学1年生です。日本が大好きなので、大学で日本人と一緒に授業を受けられることだけで嬉しいです。大学では軽音部とアニメ研究会に入ってバンドも組みました。今の生活は本当に楽しいです。こんなに日本の友だちができるとは思っていませんでした。

── 日本ではCDデビューもされていますよね(※ 2009年11月11日に商業CDデビューとなるミニアルバム『つきうさぎ』がMOERより発売された)。

ほんこーん:実は日本に留学できたのはCDのおかげでもあるんです。私は日本で音楽活動をしたいという理由で親に留学させてほしいと言ったのですが、最初は「何を馬鹿なことを言ってるの」って反対されたんです。でもMOERさんにCDを作っていただいたことで、親にもちゃんとやってるんだ、認めてくれる人がいるんだって思ってもらえて、留学できたんです。

── そういう意味ではニコニコ動画は転機だった、と。

ほんこーん:本当にそうですね。ニコニコ動画で人生が変わったと言い切れます。ニコニコ動画がなければ日本とも交流できなかったし、日本語の勉強もがんばれなかった。たぶん今頃は香港で普通の大学生をやっていたんじゃないでしょうか。香港の友だちには日本が好きな子もたくさんいますけど、私のように今日本にいることができる人はあまりいないですし、私は色んな人にも恵まれて運が良かったと思います。

── 今後はどういった活動をしていくのでしょうか。

ほんこーん:日本でプロを目指したいと思っています。香港ではライヴも少ないし、自分が好きな音楽を気楽にできること自体があまりないんです。ニコニコ動画でボカロやアニソンの「歌ってみた」を聴いて、日本の音楽の自由さに感心しました。とりあえずは自分の実力を上げないと何もできないから、できることをやっていこうと思っています。あとは同人誌にも手を出したいです(笑)。

── 今回は初めての<大会議>出演ということで楽しみにしているファンも多いと思います。ファンへのメッセージをお願いします。

ほんこーん:今回の<大会議>は日本、香港、台湾、韓国の出演者が一緒に同じ舞台に立つ珍しいステージです。ニコニコの国際化みたいなものが出せればいいですね。それと今回が最後の<大会議>になりますので、きれいな締めがあると思います。そこも期待していてください。

   ◆   ◆   ◆

<ニコニコ大会議in台湾>は5月22日、18時よりLegacy台北にて開催。リアルチケットは台湾国内にて2,000元(約5,800円)で発売したところ、発売後約1分でソールドアウトという大反響を呼んだが、ニコニコ生放送で視聴できるネットチケットは現在も購入可能だ。


◆<ニコニコ大会議in台湾>
◆ほんこーん オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報