RAM WIRE、新曲「歩み」が映画『僕たちは世界を変えることができない。』主題歌に決定

twitterツイート

▲映画『僕たちは世界を変えることができない。』より
男女3人組ユニットRAM WIREの新曲「歩み」が、9月23日に公開される向井理主演映画『僕たちは世界を変えることができない。』の主題歌に抜擢。映画予告編が、RAM WIRE オフィシャルサイトでO.A.スタートしている。

RAM WIREは2010年10月にデビューした千葉県在住の男女3人組ユニット。ミニアルバムのタイトル曲となった「Beautiful World」は、有線J-POPリクエストチャートで50位以内に21週連続でランクインを果たすなど話題になっている。新曲「歩み」のCDは映画公開となる9月に発売が予定されている。

RAM WIREからのコメントは以下の通り。

「この度は、私達の曲を起用していただいて本当にありがとうございます。この映画を通して、私達自身も、世界の厳しい現状や日常の尊さなど、あらためて見つめ直す切っ掛けをもらいました。私達の楽曲、この「歩み」はその「変えることが出来ない世界」をそれでも「変えてゆこう」と踏み出す主人公のように、つまづきながらも一歩ずつ、自分らしく歩んでゆこうとする、そんな気持ちを大切にできたら...という願いで書きました。この曲が、ひとりでも多くの方の心に届きますように…。」──RAM WIRE

映画『僕たちは世界を変えることができない。』
9月23日(金)より、全国ロードショー
出演:向井理、松坂桃李、柄本由 他

◆『僕たちは世界を変えることができない。』オフィシャルサイト
◆RAM WIRE オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス