CLAMP×Production I.Gコラボアニメ「BLOOD-C」OPにDUSTZ抜擢

twitterツイート

MBS/TBS系列で7月からスタートするアニメ「BLOOD-C」のオープニング・テーマに、DUSTZ(ダスツ)の新曲「spiral(スパイラル)」が起用されることが発表された。

DUSTZ(ダスツ)は、俳優・藤田玲としても活躍するRay(Vo)、ショーや雑誌のモデルとしても活動するKenT(G)、Gus(Bass)からなる、メンバー3人全員が日仏ハーフのハイブリッド・ダンスロック・バンド。4月にリリースしたシングル「Criez(クリエ)」では、LADY GAGAらも魅了した世界的クリエイター/JOJI KOJIMAらによるダーク&エレガントなオーラを放つアートワークが、音楽・ファッションの垣根を越えて注目を集めた。

「BLOOD-C」は、ストーリー・キャラクター原案をCLAMPが、アニメーション制作をProduction I.Gが手掛け、主演・エンディングテーマを水樹奈々が担当、2012年には劇場公開も予定されているという、今夏、もっとも注目されている大型アニメーション。制作が発表されるや否や、そのニュースが日本国内だけでなく世界中のアニメファンの間を駆け巡り大反響を呼んでいる作品だ。

そんな「BLOOD-C」のオープンング・テーマへの抜擢を受け、現在、帝劇開場100周年記念ミュージカル『レ・ミゼラブル』にも出演中のヴォーカルRayは、以下のコメントを寄せている。

「みなさん、はじめまして。DUSTZといいます。この度、「BLOOD-C」オープニングテーマのお話をいただいたことを、心から光栄に思っています。世界中で人気の「BLOOD」の待望の新シリーズということで、そのイメージを大切にすることを何よりも心掛け、メロディはもちろん、ひとつひとつの言葉の選択、響きまでメンバー3人で何度もアイデアを出し合い、試行錯誤を重ねながら、楽曲を完成させていきました。フランスと日本のハーフである自分達のオリジナリティである、フランス語を使っているのも大きな特徴だと思いますので、是非、その歌詞の世界観にも興味を持っていただけたら嬉しいです。僕らの楽曲が、「BLOOD-C」の素晴らしいアニメーションと共に皆さんに届くのを、今からとても楽しみにしています」

「spiral」のオンエア解禁情報など詳細は、「BLOOD-C」のオフィシャル・サイト(www.blood-c.jp)ならびにDUSTZのオフィシャル・サイト(www.dustz.net/)で随時発表される。

◆DUSTZ オフィシャルサイト
◆Twitter
◆BLOOD-C 公式サイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報