インコグニートのブルーイが呼びかけたチャリティソングが配信決定

ツイート
U.K.ジャズ・ファンク・グループ“インコグニート”のリーダー、ジャン・ポール“ブルーイ”モーニック(以下、ブルーイ)が作り上げた東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティソング「Love Will Find A Way」が、5月31日にiTunesミュージックストアで配信されることが決定した。

地震発生後に海外アーティストが来日を相次いでキャンセルするなか、全国6か所で来日公演を敢行したインコグニート。リーダーのブルーイは、自らアーティストたちへ呼びかけ、奇跡のコラボレーションを実現させた。

「Love Will Find A Way」と題されたこの曲には、インコグニートのメンバー10名と東京で録音を開始。同じくツアー中だったラリー・カールトンをはじめ、有坂美香、さかいゆう、SATOMi、つるの剛士、bird、My Little Lover、マリーンなどバラエティに富んだ豪華アーティストたちが参加。さらにイギリス帰国後、オマー、スイング・アウト・シスターのコリーン・ドリューリー、マット・ビアンコのマーク・ライリーら総勢21組30人のアーティストが参加した。

インコグニートらしい愛情こもった美しいメロディとポジティヴなエネルギーに溢れた「Love Will Find A Way」。5月31日(火)よりiTune Storeにてダウンロード開始。収益全額は日本赤十字社を通じて義援金として寄付される。

参加アーティスト(国内レコーディング):akko(My Little Lover)、有坂美香、さかいゆう、SATOMi、つるの剛士、bird、マリーン、エリック宮城、小沼ようすけ、近田潔人、ラリー・カールトン、インコグニート
参加アーティスト(イギリス・レコーディング):コリーン・ドリューリー(スイング・アウト・シスター)、オマー、リー・ジョン(イマジネーション)、マーク・ライリー(マット・ビアンコ)、ナタリー・ウィリアムズ、マーク・キング(Level 42)、ジョアン・カエターノ、アナ・コスタ・バプティスタ

プロデューサー・ブルーイからのメッセージ

   ◆   ◆   ◆

才能を必要とされているところで役立てることができることほど、素晴らしいことはありません。Love for Japanは、この甚大な悲劇に対して何かできることはないかと思っていた自分に、活動をする素晴らしい機会を与えてくれました。素晴らしいミュージシャンたちと震災(津波)被災地救済基金のために仕事をできたことは間違いなく、私のキャリアのなかでハイライトのひとつとなりました。

一流の、高い影響力をもつ国際的な音楽のコミュニティのメンバーたち労作を、なんと表現をしたら良いのか、ずっと考えていました。もう一度コルカタの故マザー・テレサの言葉を引用させてください・・・『この地球で、私たちができる大きなことはありません、ただ大きな愛を持って小さなことをするだけなのです』

ささやかだけれども、でもたくさんの愛によって生み出されたものが、人類の歴史のなかでも最も大きな災害、悲劇の一つに大きな影響を受けた人々にとって、いくらかでも救いや心のやすらぎの一つになったら・・・と祈っています。

“Love will find a way”を購入していただき、サポートをしていただけたら幸いです。

   ◆   ◆   ◆

ブルーノート東京のオフィシャルサイトでは、この「Love Will Find A Way」の数多い“聴きどころ”のうち、ほんの少しを先行プレビューできるようになっている。興味を持った人は試聴し、気に入ったら、ぜひ購入してほしい。

<インコグニート 来日公演>
8月30日(火)31日(水)@ブルーノート東京

◆ブルーノート東京 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報