福島在住の音速ライン、「ふるさとを取る返すためなら何も惜しまない」

ツイート
5月24日、音速ラインの藤井敬之がメンバーの大久保剛とともに福島県庁を訪問、東日本大震災の被災者への義援金42万を内堀雅雄副知事に手渡した。

◆音速ライン画像

今回の義援金は、3月1日東京新代田からスタートした全国ライブツアーでの募金活動によるもので、震災翌日の3月12日三重松坂のライブから5月20日の東京公演までの全21公演の各ライブ会場で呼びかけたもの。

ヴォーカルの藤井はいわき市出身で現在郡山在住という生粋の福島っ子だ。福島県の観光大使も務める彼だが、「震災当日は名古屋のライブでした。ファンの皆さんから大丈夫ですか、と励まされ、また自分達のCDが津波で流されたという南相馬出身のご夫婦の方からのメッセージなど、多くの方からコメントが寄せられ、自分としても何かしなくては、と思いました」と語った。

音速ラインは、5月18日に配信シングル「一人じゃない」をチャリティソングとしてリリース、6月8日には福島県郡山でのライブを収録したDVD付きシングルも発売する。「ONandON」=「絶え間なく」という想いを込め「ONandON Project」と名付けられた支援活動をスタート、地元福島の吉本の芸人ぺんぎんナッツの2人もこのプロジェクトに賛同し、この日一緒に県庁を訪ねることになった。

「福島の美しい自然、きよらかな人々の心にも疲れが出ています。戦いです。音速ラインの活動に感謝するとともに、これからも一緒に頑張って行きたいです」と、内堀副知事は厳しい現実を吐露。ガッチリ握手を交わし、藤井は、「福島で生まれ育ち、何年かかっても以前のふるさとを取る返すためなら何も惜しみません」と、その思いを新たに、復興への道をともに歩む決意を語った。

6月18日にはふるさと、いわき市で震災で延期になったコンサートが行なわれる。

◆音速ライン・オフィシャルサイト
◆ONandON Projectオフィシャルサイト
◆東北地方太平洋沖地震にまつわる音楽・アーティスト関連情報ページ
この記事をツイート

この記事の関連情報