映画『アップサイド・ダウン:クリエイションレコーズ・ストーリー』、8月27日(土)公開

twitterツイート
ジャパンプレミアが8月13日<サマーソニック>にて上映されることが決定している映画『アップサイド・ダウン:クリエイションレコーズ・ストーリー』、その日本公開が8月27日(土)よりシアターN渋谷ほかにて決定した。クリエイションレコーズおよびアラン・マッギーのドキュメンタリー作品だ。

◆映画『アップサイド・ダウン:クリエイションレコーズ・ストーリー』画像

オアシス、プライマル・スクリーム、ティーンエイジ・ファンクラブ、マイ・ブラディ・ヴァレンタイン、ジーザス&メリー・チェイン、ライド、Tスーパー・ファーリー・アニマルズ、スロウダイヴ、ザ・ブー・ラドリーズなどそうそうたるバンドを発掘し、現在のロックシーンの礎を築いたレーベルとその創始者だが、ここに描かれているのは、酒とドラッグ、そしてロックンロールにまみれた男の冒険の物語である。

ボビー・ギレスピー、ケヴィン・シールズ、そしてノエル・ギャラガーと出会い、トニー・ブレアとシャンパンを酌み交わすまでになるその男アラン・マッギーは、典型的なグラスゴーのワーキングクラスの家庭に生まれ育ち、鉄道員を経てロンドンに進出、クリエイションレコーズを立ち上げる。1980年代初頭のグラスゴーからオアシスの発掘、そして世界的大ヒットに至るまで、ワーキングクラスの気骨とアティテュード、すなわち剥き出しの誠実さを貫き通した男の生き様が描かれている。

その破天荒な生き様と人物像、レーベルの流転の歴史、愛憎渦巻く人間模様を、鳴りっぱなしの音楽とレアな映像とともに、大物アーティストたちが語り尽くすのだ。

『アップサイド・ダウン:クリエイションレコーズ・ストーリー』
キャスト:アラン・マッギー、ジョー・フォスター(共同経営者)、ノエル・ギャラガー(Oasis)、ボビー・ギレスピー(Primal Scream)、ジム・リード(The Jesus & Mary Chain)、ケヴィン・シールズ(My Bloody Valentine)、ノーマン・ブレイク(Teenage Fanclub)、グリフ・リーズ(Super Furry Animals)、アンディ・ベル(Ride、Oasis)、マーク・ガードナー(Ride)、ガイ・チャドウィック(The House Of Love)、ボブ・モールド(Husker Du、Sugar)、アーヴィン・ウェルシュ(「トレインスポッティング」原作者)ほか多数
2010年/イギリス映画/原題:Upside Down The Creation Records Story/カラー(一部モノクロ)/101分/監督・製作:ダニー・オコナー/製作:マーク・クランウェル/音楽監督:マーク・ガードナー(Ride)他
2010年/イギリス映画/原題:Upside Down The Creation Records Story/カラー(一部モノクロ)/101分
監督・製作:ダニー・オコナー
音楽監督:マーク・ガードナー(Ride)他
(C)copyright Document Productions ltd.2009
シアターN渋谷にて8月27日(土)よりロードショー
ヒューマントラストシネマ有楽町 他、全国順次公開
8/13(土)、サマーソニック(東京)にて最速ジャパンプレミア上映
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報