注目の新人、7!!とダイスケのライヴ配信を10カ国のファンが閲覧

ツイート

7!!(セブン・ウップス)とダイスケによるライヴ・イベント<LIVE CARAVAN 2011>が、5月26日(木) F.A.D横浜にてファイナルを迎えた。

◆7!!、ダイスケ<LIVE CARAVAN 2011>画像

7!!は、2011年3月に映画『高校デビュー』の主題歌「フォーリン・ラブ」でメジャー・デビューを果たした沖縄在住の4人組。新曲「ラヴァーズ」が、アニメ『NARUTO-ナルト- 疾風伝』オープニング・テーマとしてオンエア中の、いまもっとも注目を集める新人の一組だ。

そしてダイスケは、「2010年の学園祭キング」と呼ばれた新生代シンガー・ソングライター。

この話題の二組が出演するライヴ・イベント<LIVE CARAVAN 2011>は、5月5日に福岡でスタートし、その後、大阪(5月23日)、名古屋(5月25日)、そして5月26日にF.A.D横浜で開催された。

ダイスケ、7!!ともに、5曲披露。ダイスケは、1stシングル「ボク☆ロケット」、フジテレビ系ノイタミナアニメ『放浪息子』オープニングテーマ(2011年1~3月)であった2ndシングル「いつだって。」などを歌い、MCでは「地元横浜で、皆さんに思いを込めて、全力で歌を届けます!!」と観客へ伝えた。

7!!は、映画『高校デビュー』主題歌のデビュー・シングル「フォーリン・ラブ」、『NARUTO-ナルト- 疾風伝』オープニング・テーマ「ラヴァーズ」を演奏。ヴォーカルのNANAEは、「横浜公演、最高の日となりました!! 今日の日は、一生忘れないです!!」といって観客を盛り上げた。また、この日はオープニング・アクトとして、地元横浜のアーティスト、竹澤汀(たけざわ みぎわ)が出演。さらに、スペシャルゲストとして、「Grateful Days feat. Noa」で話題を集めた東北出身の新人、LGMonkees(エルジーモンキース)が3曲披露した。

LGMonkeesは、1曲目に「Grateful Days feat. Noa」を披露。話題になった曲だけに、会場は非常に盛りあがりを見せた。3曲目に披露した「3090」は、家族の絆を歌った曲であり、歌う前にLGMonkeesは「親父に、歯向かってきた人生だけど、二十歳をこえて、あなたのありがたみを感じました。離れた空にいる親父、産んでくれてありがとう。この命大事にします」と観客に伝えた。「3090」をLGMonkeesが歌い終えた後、涙ぐむ観客の姿もあり、会場に感動的な空気が広がった。

<LIVE CARAVAN 2011>ファイナル公演はUSTREAMでも配信され、10カ国から閲覧されたことからも海外での期待度の高さも伺える公演となった。

◆7!! オフィシャル・サイト
◆ダイスケ オフィシャル・サイト
◆LGMonkees オフィシャル・サイト
◆竹澤汀 オフィシャル・サイト
◆LIVE CARAVAN 2011公式サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報