KREVA、シンガポールで注目のパフォーマンス

twitterツイート
5月25日(水)~5月28日(土)、シンガポールで開催された<MUSIC MATTERS>にKREVAが招聘され、国際会議に出席した。<MUSIC MATTERS>は、2011年で6度目となる国際規模の音楽業界者向け巨大イベントで、これまでの香港からシンガポールへ移しての開催となった。世界各国から集った音楽業界の主要人物によるパネルディスカッションや、MUSIC MATTERSの一環として、各国のバンドやアーティストによるパフォーマンスが6カ所のライブ会場で開催された。

◆KREVA画像

KREVAは、日本からのゲストスピーカーとして招かれ、ライブにも特別出演。シンガポールの音楽サービスAMPedがトップページでKREVAを大々的に取り上げるなど、大きな注目を集めた。

5月27日(金)には、ARTIST PERFORMANCEに続きASIAN MUSIC ON THE MOVEをテーマにしたパネルディスッカッションにも登壇し多くの注目を浴びた。座長を務めたSteve McClure(元ビルボード日本支局長)や、韓国、台湾、インド、アメリカの音楽ディレクターをはじめ、音楽関係者と共に登壇したKREVAは、質問に対し出来る限り英語で答えるなど、真摯かつ堂々たる姿を見せた。通例アーティストがパネルディスカッションに出席することはなく、KREVAの紹介映像後に代表曲の1曲でもある「成功」をパフォーマンスした。

国際会議終了後は、シンガポールの中心地でもあるClark Quayでのメインステージライブに出演、Green Roomでの取材、シンガポールで一番人気の最大規模のクラブ「THE ARENA」でライブを行なった。広い会場には、現地のKREVAファンやはもちろん、一目KREVAを見てみたいというオーディエンスで埋め尽くされ、40分のパフォーマンスを繰り広げた。

現地のファンからは「楽しかったです。日本でのライブに行ってみたい」「Very Exciting!!」「His music is infective and inspire and catchy…1番!」「KREVAのキャラクターが好きだ」と絶賛。このライブ映像はUstreamで全世界配信され、KREVAが動くところはMTV ASIAの密着取材やメディアが動くという注目度を見せていた。

KREVA自身は、「正直会場の500人中、380人くらいは見てないっていうか、ただ座ってるだけで、それでも俺のことを応援しに来てくれた人がいたので嬉しかったし、力になりました。次来る時は、全員ひれ伏す感じになるように…そこまでいかなくてもいいですど(笑)、もう少しロック出来るようにしたいです、悔しかったです。」と、新たな闘志を燃やしていた。謙虚なKREVAらしいコメントだ。

<ARENA SET LIST>
1.成功
2.ストロングスタイル
3.THE SHOW – 熊井吾郎 Remix
4.あかさたなはまやらわをん
5.アグレッシ部
6.瞬間speechiless
7.挑め
8.Have a nice day!
9.C'mon, Let's go

◆KREVAオフィシャルサイト
◆<MUSIC MATTERS 2011>オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス