プログレッシヴ・メタル・バンド:オーペス、新作は9月発売

ツイート
オーペスのニューアルバム『Heritage』が9月14日にリリースされることが発表された。アルバムからのファースト・シングル、ビデオは「The Devil's Orchard」という作品とのこと。

◆オーペス画像

いよいよ10作目となる作品だが、オーペスのフロントマンでありギタリストであるミカエル・オーカーフェルトは『Heritage』についてこう語っている。

「この作品は俺達にとって10作目のアルバム/記録になるんだ。俺は全てを注いで取り組んできたよ、俺だけじゃなくてみんながね。実際の所、こんなアルバムを書き、そしてこんなアルバムに関わるために19歳の頃からずっと自分のキャリアを積んできたようにも思うんだ」

今作『Heritage』はオーペスの集大成でもあり比類なき作品として、絶対的な自信にみなぎっている。

「自分で言うとすると、時には昔ながらのあのどんよりしたかなりの激しさがあるし、時にはとても美しく、時には荒涼としたサウンドがあるといった感じだ。基本的に全ての楽曲を俺が書いてきたんだから、この作品についてナイスな事を言うのは当然になってしまうけど、たぶん聴いた人は思わず眉を吊り上げてしまうだろうし、確実に全てを習得した味わいがあると言えるだろうね。俺達の音楽に対してもうちょっと深く理解してもらえれば、このアルバムの魅力をより強く感じてもらえると思う。このアルバムを作るときに受けた影響はあまりにも幅広いものだから、「こんなサウンドだよ」って説明するのは本当に難しい。このアルバムを比較しなければならないとしたら…、もちろん比較対象はオーペスでしかありえないだろうね。でも、俺達が今までやってきた事とはちょっと違うんだ。2010年はよくアリス・クーパーのアルバムを聴いていたけど、だからといってこのアルバムは『ノー・モア・ミスター・ナイスガイ』みたいなアルバムだ、なんてわけじゃない。君たちがこの作品を聴いて、気に入ってくれたら本当に嬉しいよ」

アルバムのプロデューサーには、ミカエルとポーキュパイン・ツリーのフロントマン/ギタリスト:スティーヴン・ウィルソンが起用され、長年共に仕事をしてきたトラヴィス・スミスは今作でもアルバムのアートワークを担当している。

『Heritage』の日本発売は9月14日予定、海外は9月20日という日本先行発売となる。

『Heritage』
・Heritage
・The Devil's Orchard
・I Feel the Dark
・Slither
・Nepenthe
・Haxprocess
・Famine
・The Lines in My Hand
・Folklore
・Marrow of the Earth

◆オーペス・オフィシャルサイト
◆BARKS洋楽チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報