LIGHT BRINGER、注目の“嬢メタル”バンドが大観衆の前で衝撃発表

twitterツイート
5月29日(日)に川崎クラブチッタで行われた由緒あるMETALイベント<PURE ROCK JAPAN 2011>(他出演バンドGALNERYUS・SABER TIGER・Versailles)の会場を埋め尽くした観客の前でインディーズHM/HR界の注目新人バンド“LIGHT BRINGER(ライトブリンガー)”が名門レーベル“NEXUS”と正式にレーベル契約を交わしたことを発表。超満員の場内を騒然とさせた。

◆LIGHT BRINGER、注目の“嬢メタル”バンドが大観衆の前で衝撃発表~拡大画像~

キングレコードのNEXUSレーベルとは、今ではシーンの顔役となったANTHEMやEARTHSHAKERなどを輩出し、シーンの隆盛に一役かった名門レーベルで、現在では、あの陰陽座やNoGoDも所属している。

一方、LIGHT BRINGERは現在業界内外で注目を浴びている新人HM/HRバンドで、平均年齢23歳という若さでありながら、複雑なアレンジを難なくこなす“バカテクバンド”でもあり、誰の心の琴線にも触れられるキャッチーな楽曲を多数コンポーズ出来る作曲能力の高さも有することで知られており、なかでも、そのビジュアルと絶対的な歌唱力、さらには文学性の高いリリカルな歌詞を紡ぐ紅一点看板VoのFukiを擁することで、今盛り上がりつつある“嬢メタル(女性をフィーチャーしたメタルバンドの俗称)”シーンの中核バンドとして、すでにインディーズでは有名なバンド。

特に2010年来、今では名盤と誉れ高いインディーズセカンドフルアルバム『Midnight Circus』をリリースし、某HM/HR有名誌のCDレビューで87点の高得点を獲得するなど、その評価・露出を一気に拡大。精力的なライヴ活動を含めて着実にファン層を広めつつあるなか、「次はメジャーデビューに違いない」と囁かれていた矢先の発表となった。

今回の彼らのメジャーデビューは、ここ数年注目を浴びている“嬢メタル”シーンの先駆者として、いや、もっと普遍的で現代的なCOOL JAPANの匂いのする“ロックアイコン”として、2011年の音楽シーンに新たな風をもたらすに違いない。

ライヴPhoto:逸見隆明

◆LIGHT BRINGER オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon