ザ・ビートルズ、『Anthology』リマスターが配信解禁

ツイート
ザ・ビートルズの『Anthology』がリマスターされ配信されることが決定した。

◆『Anthology』画像

『Anthology』はザ・ビートルズ解散後に制作された2枚組3部作、全6枚に及ぶアルバムだ。ザ・ビートルズの前身バンドのザ・クオリーメン時代の録音からのスタジオアウトテイクや、ライヴ音源といった数多くのレア音源が収録されている作品である。『Anthology 1』にはジョン・レノンが遺したデモ・テープに残りのメンバーが手を加え誕生した「Free As A Bird」が、「Let It Be」以来25年ぶりとなるザ・ビートルズの新曲として登場、『Anthology 2』には同じ形での新曲となる「Real Love」が収録されたことが世界中に話題となった。1995年から1996年にかけてリリース当時、『Anthology』は3つのCD全て全米アルバムチャート1位を記録している。

今回は配信される全ての音源は2009年に発売されたリマスターCDと同様、アビイロードスタジオにてリマスタリングされ、iTunesでは、2枚組の3部作『Anthology』それぞれの3枚と、今回初めての登場となる『Anthology』の楽曲の全てを収録した『Anthology Box Set』が登場、それぞれは写真などが付属されたiTunes LPの形での配信となる。

また特筆すべきは、こちらも今回の配信で初めての登場となる『Anthology Highlights』だ。このアルバムは『Anthology』のベスト盤的な内容で選曲されており、初期のライブセッションから解散間近となる時期、そして解散後に発表された「Free As A Bird」で幕を開けて、「Real Love」で幕を閉める構成となっている。現在iTunesでは予約受け付け中だが、iTunes内ザ・ビートルズ特設サイトにて「Anthology」のトレイラー映像が公開されている。

なお、ザ・ビートルズが初めて日本に到着した6月29日は、日本では「ザ・ビートルズの日」に制定されているが、45周年となる2011年6月29日に<「6・29 ザ・ビートルズの日」来日45周年記念スペシャル・イベント>と題されたイベントが開催される。1966年6月29日に最初で最後の来日を果たしたザ・ビートルズは計5回の武道館公演を行い、様々な伝説を残していった。日本のカルチャーを数日で変えたという彼らを、映像の視聴とともに、当時のディレクター高嶋弘之氏と音楽評論家の星加ルミ子を迎え、45年前の来日の様子が語られるという。ザ・ビートルズの日本公式サイトではこのイベントの特等席の招待も始まっているので。是非チェックいただきたい。ザ・ビートルズのオリジナル全213曲の楽曲人気投票を開催中なので、こちらもご参加を。

『Anthology 1』 2枚組3,000円
『Anthology 2』 2枚組3,000円
『Anthology 3』 2枚組3,000円
『Anthology Box Set』 6枚組 7,500円
『Anthology Highlights』アンソロジーのベスト的選曲 2,000円

◆ザ・ビートルズ・オフィシャルサイト◆iTunes The Beatles特集ページ
◆BARKS洋楽チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報