SPYAIR、切実なメッセージを込めた新曲「サムライハート(Some Like It Hot!!)」特集

twitterツイート

SPYAIR

NEW SINGLE「サムライハート(Some Like It Hot!!)」2011.06.08 release

INTERVIEW

――「サムライハート(Some Like It Hot!!)」はイントロからギターのリフがものすごいキャッチーですよね。

UZ(G/Pro):そうなんですよ。今までこういうのはあまりやったことがなくて、遊び心のつもりで、こんなのもやったら楽しいよって。だから思いっきりストレートではなく、俺の中ではフォークボール的な(笑)。かなり変化球を投げたものがタイトル曲になったというか。そういう意味では、今まで聴いてくれた人には多少違和感があるかもしれないんですけど。

――ギターソロもすごくアメリカンだけど、あそこも遊び心?

UZ:そうそう。ちょっとライトハンドをやってみました。俺は、ああいう道は通ってきてないので。

――いつもと違うソロだなぁと。SPYAIRの曲はギターはたくさん鳴っているイメージがあるけど、低音で押して行く感じで、ソロのイメージないものね。

UZ:はい。俺、Hi STANDARDとかが好きで、ギターソロ自体に興味があまりなかったんですよ。でも、今の時代、この曲みたいなガッツリしたギターソロをやることが楽しいのかなって。最近はギターソロばっか入れてますね。目覚めちゃいました。この「サムライハート」が大きなキッカケで。ギターでしか出せない楽器の音ってあるじゃないですか。そういうものにもうちょっと責任を持って、前に出して行くべきなのかなって。それがロックに直結していくし。

――歌詞もいつものMOMIKENっぽくない。ストレート。無縁社会とか、そういう社会に対しての気持ちですよね。

MOMIKEN(B):「♪Hey!!Hey!!応えて誰かいませんか?」って、今までとはちょっと違う、SPYAIRの弱気な部分を出しているんですけど、こういうのもあっていいんじゃないかなって。そういうところもらしくないのかもしれないですけど、最後のオチでは、そういうところも含めて、自分を愛しながら生きていくしかないんだよっていうメッセージも込めることが出来たし。何より時間がかかったのは「サムライハート」って言葉を作ることでしたね。

――「ジャパニケーション」のときみたいですね。

MOMIKEN:そうなんですよ。「ジャパニケーション」みたいな、俺たちなりの言葉がほしいねって。俺一人で考えていたんですけど、無理だと思って、みんなに相談して、ライヴの帰りに意見を出し合ったんです。そうしたらファンの方からの差し入れの「鳩サブレー」を見て、KENTAがボソッと「サブレでポンッてどう?」って言うんです。それまでさんざんみんなで意見を出しまくってたんだけど、「サブレでポンッていいんじゃねぇ?」ってなっちゃって(笑)。

――どんな曲か、相当気になるね(笑)。ただ、そういうわけにはいかないよね。

MOMIKEN:もちろん(笑)。結局、家で考えて。まぁ、「サブレでポンッ」のあとだから、俺が何を出しても文句はないだろうなと。とりあえず目立つような言葉を投げて、選ばれたのが「サムライハート」だったんです。

ENZEL☆(DJ):普通だなぁ。

――「サブレでポンッ」のインパクトが強すぎるからね。最近の風潮では、熱い性格はウザがられたり、鬱陶しいと思われることも多いじゃないですか。男性も草食系ばかりだし。頑張っている人が報われなければいけないのに報われないとか。そういうことでモヤモヤしている人が聴いたら共感するような歌詞ですね。

KENTA(Dr):IKEは熱い人だから、共感するでしょ(笑)。

IKE(Vo):え? 俺、うざいの?

KENTA:いや、スゴい熱い人って、嫌いな人は嫌いじゃん。

IKE:俺は好きですよ。

――自分がそうだしね(笑)。

KENTA:ナイス!ツッコミ!

――結局、そういう熱い人は集まりやすよね。

MOMIKEN:わかるー。IKEの周りって、自分の熱さを話したいって人が集まって来る。俺はそこに溶け込めない。

――でもこの歌詞を書いたのはMOMIKENなのに!

MOMIKEN:逆の立場で書いたんです。逆に俺は冷めているから、冷め切っていると、熱い人には冷めた気持ちってわからないものもあるんですよ。鬱陶しいって思う感覚とかもそれなりにあるんです。冷めている立場で、俺のそういう気持ちも誰にもわかってもらえないだろうなって。でもそういうところも含め、自分を信じながら行くしかないっていうことで書いたんです。熱いほうではないんです。

UZ:これは冷めた歌詞だったの?

MOMIKEN:冷めた歌詞です(笑)。実はネガティヴなほうだった。

――屈折してた(笑)。でもきっと、そういう冷めた視点だったとしても、心の奥の方には熱いものがあるから書けるとも思える。

MOMIKEN:そうですね。そこがなければただのネガティヴな歌詞になってしまいますから。

――でもMOMIKENのようなタイプは内に秘めているから、発散していないぶん、より熱いのかもしれない。

IKE:そう。炎の種類が俺とMOMIKENは違うんだよね。俺は赤くて、MOMIKENは青いんだよ。

――実は青いほうが温度は高いものね。青い炎のMOMIKENが書いた歌詞を、真っ赤に燃えるIKEくんが歌うことでちょうどいい温度になるのが「サムライハート」なのでは?

KENTA:綺麗にまとめたー(笑)。

MOMIKEN:そうだと思います。

――そして、カップリングなんですけど、やっぱりここで幅を出してきますね。「Crazy」では王道のヘヴィなSPYAIR。「LINK IT ALL」はバラードで。

MOMIKEN:「Crazy」は2年前に作ったんですよ。「LINK IT ALL」は震災のあとに書きました。震災後って、バンドとして何をやっても裏目に出てしまうんじゃないかっていう、難しい時期で。かといって、そういうときに俺らが黙っているのは「違うんじゃない?」ってみんなで話し合って。最初は頑張ろうメッセージ的な曲にしようかと思ってたんです。でもあの時って、一日一日、秒単位で価値観が変わっていった。「頑張ろう」っていうメッセージも、このタイミングではいいけど、このタイミングではもしかしたら人を傷つけてしまう言葉なのかもしれないって、書いている段階でもどんどん変わって。何が俺らに言えることだろうってものすごい考えました。最終的に、震災の影響を受けている東京にいるっていう立ち位置で感じたことや、自分のメッセージをそこに乗せるっていうのが一番正しいんじゃないかって。素直な自分たちの現状、気持ちをぶつけて歌詞にしたのが「LINK IT ALL」です。

――わかります。素直にメッセージが入ってきますね。震災後、傷ついた人にどんな言葉をかけるのか、どの言葉も当てはまらなくて、言葉がなくなってしまった人ってたくさんいると思うんですけど、この曲は、その気持ちまでも代弁してくれていますね。

MOMIKEN:実は、この曲も本当は言葉がなくてもいいかなって思ったんです。

KENTA:ラララでいいってこと?

MOMIKEN:そう。究極、そう思ってた。そういうものしか伝えられるものしかないって。歌詞が全部なくなるっていうところに辿り着くのかなって思った。

KENTA:すげぇ深い部分までいったんだね。

MOMIKEN:めちゃめちゃ神経すり減らして。メッセージソングってこんなに大変なんだって。

IKE:この曲はそこがシビアだったね。でもSPYAIRとしては新しいきっかけになってる曲。今、この時代に生きる人として、そのときの思いをこうやってとどめておけたっていうのは、俺らにとっては価値がある。きっと十年後に歌ったら思い出せるし、聴いた人も、この時に聴いていた人もこの時に立ち戻れるだろうし、そういう意味で本当にいい曲が作れたなって。

UZ:本当は他の曲を入れる予定だったんですけどね。震災のあと曲を作って、これをどうしても入れたいって。曲作ってレコーディングしてリリースされるまでが最短ですよ。リアルタイムにやっていけたので、一番、今の気持ちが伝えることができたと思います。こういうバラードだと、俺は打ち上げ花火ドッカンみたいな、ゴージャスなバラードが好きなんですよ。でも、そういうものじゃなくて、聴いているうちにジワジワとあったかくなるようなメロディってあるじゃないですか。線香花火のようなメロディ。そういう曲のほうが実際染みたりするんですよね。そこを目指して作ったのがこの曲。

IKE:言ってたもんね。素朴なものを作りたいって。

UZ:そう。なるべく俺たちの人間性が出るように、他の楽器はストリングスとか入ってますけど最低限にして。人間がやっているって感じを表に出して、こういうアレンジにして。で、MOMIKENがこういう歌詞をのっけて。

――最後は大合唱ですよね。

KENTA:みんなで歌いました。

IKE:みんなで作った曲です。震災のときにそれぞれの中で明確になったと思うんですけど、一人一人が出来ることってそんなに多くはなくて。たいがい一つくらいですよね。だから、この曲は、大事な記念品なんです。これを早いタイミングでみんなに聴いてもらえるのは嬉しいです。

UZ:今の状況でCDを出せるって、すごく幸せな環境ですよね。CDにしないで、ただ自分で作るのも楽しいですけど、音楽って聴いてもらったら育って行くじゃないですか。

IKE:誰か聴いてくれないと何も起こらないからね。それをわかって俺らは出しているから。この曲を聴いて、いい方向に向かってくれたらいいなぁって思うじゃないですか。それは3曲ともに。だから、みんなに届くのが楽しみです。

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス