きゃりーぱみゅぱみゅ、デビュー作は中田ヤスタカ・プロデュース

ツイート
2011年春に高校を卒業したばかりの18歳青文字系モデルきゃりーぱみゅぱみゅが、メジャーデビューすることは先日発表されたところだが、デビュー作となるミニアルバムが中田ヤスタカ(capsule)プロデュースであることが明らかとなった。

◆きゃりーぱみゅぱみゅ画像

アルバムタイトルは未定だが、発売は8月17日(水)に決定、先行シングルとしてアルバム収録曲「PONPONPON」がiTunesにて7月20日に配信となることも発表された。配信は世界23ヶ国(アメリカ・カナダ・メキシコ・イギリス・アイルランド・ドイツ・フランス・オーストリア・スイス・スペイン・イタリア・ポルトガル・オランダ・ベルギー・ルクセンブルグ・スウェーデン・デンマーク・ノルウェー・フィンランド・ギリシア・オーストラリア・ニュージーランド)行なわれ、一気に世界デビューである。

きゃりーぱみゅぱみゅは、現在ニコニコ動画でのレギュラー番組「きゃりーのウェイウェイNICOちゃんねる」で毎回2万人以上の視聴を集め、アメブロにて開設中の自由奔放な「きゃりーぱみゅぱみゅのウェイウェイブログ」では、読者に「きゃり語」と称される「(かわいくて)キレそう」「デュクシ」などの独特な表現、男子もドン引きの変顔や不気味メイクが人気となり、更新の度に200万ヒットを記録する勢いを持つ。

そんな彼女のセンスに目をつけたのが中田ヤスタカ。意気投合、全面的にプロデュースすることが決定し、世界に向けて「原宿のポップアイコン」としてきゃりーぱみゅぱみゅを発信していくというものだ。

「テッテレー!!原宿【きゃりー】×音楽【中田ヤスタカ(capsule)】=センセーショナルカワイイ!!!を世界に発信します\(^o^)/」──きゃりーぱみゅぱみゅ

「PONPONPON」
2011年7月20日配信
※iTunes世界23ヶ国同時配信スタート

ミニアルバム『タイトル未定』
2011年8月17日
WPCL-10983 ¥2,000(tax.in)
※初回限定フォトブック仕様
※在庫終了次第、通常仕様(WPCL-10984)に切り替わります


◆きゃりーぱみゅぱみゅオフィシャルサイト
◆きゃりーぱみゅぱみゅのウェイウェイブログ
この記事をツイート

この記事の関連情報