OLIVIA、スウェーデンのライヴでファンが殺到し過ぎて会場が溢れかえる

ツイート

オリジナルの世界観を表現し続けるOLIVIAが、スウェーデンのウプサラにて行なわれたイベント<UppCon>に招聘され、6月4日にライヴを行なった。バックバンド4名と約1時間にわたって行なわれたライヴで彼女は、ドリーミーとラウドネスの両面からなる独特のステージを展開。OLIVIAのパフォーマンスに現地のファン3000人が熱狂した。

◆OLIVIA スウェーデンでのライヴ画像

これまでにEU27カ国でアルバム3枚をリリースするなど、OLIVIAの音楽性、アーティスト性はヨーロッパにて人気を呼んでいる。今回も、会場となったUKKホールにはスウェーデン国内はもとより、スペイン、ポルトガル、イタリア、フランスなどヨーロッパ中から約2000人が詰めかけて超満員。さらに会場に入れなかったファンのために、屋外にもライヴ中継モニターが設置され、会場外でも約1,000人のファンがOLIVIAのパフォーマンスに魅入った。

また、ライヴ前に行なわれたオープニングセレモニーでは、ステージに登場したOLIVIAのために、会場のファンからOLIVIA用にアレンジされたスウェーデン国歌の合唱がプレゼントされるといったサプライズも。OLIVIA自身、フランス、ドイツに次ぎ、欧州3カ国目となるスウェーデンでのライヴでも大きな歓迎を受けて、感極まった様子だった。

ロック、ポップ、パンキッシュ、エレクトロニック、アンビエントなどの要素が、オリジナリティー溢れるフィルターを通して消化されたOLIVIAの音楽性。海外のファンから評価されているということは、日本の洋楽ファンも彼女の世界観は刺さるものがあるはず。ちなみに2010年9月には、彼女自身初となるベストアルバム『GREATEST HITS』をリリースしている。

そんなOLIVIAだが、現在は新しいスタイルの音楽を絶賛制作中とのこと。

◆OLIVIA オフィシャルサイト
◆iTunes Store OLIVIA(※iTunesが開きます)
この記事をツイート

この記事の関連情報