長寿番組『ビッグフィッシング』、27年目の初ミュージシャン釣りゲストはイトキン(ET-KING)

twitterツイート
大阪を拠点に全国で活動する音楽グループ・ET-KINGのイトキンが、サンテレビの釣り情報番組『ビッグフィッシング』に、釣りゲストとして6月9日、初出演する。

◆イトキンとオール阪神師匠の画像

『ビッグフィッシング』といえば、『釣りごろつられごろ』『釣りロマンを求めて』『THE フィッシング』などと並ぶ、釣り人には人気の番組。1984年に放送開始してから27年目をむかえる長寿番組でもある。これまで、タレント、スポーツ選手などはゲスト出演していたが、ミュージシャンが本格的な釣りゲストとして登場するのは、27年にしてET-KINGが初となる。

現在32歳のイトキンをはじめ、幼少の頃、関西、特にサンテレビ視聴可能エリアで育った子供たち(特に男の子)にとって、土曜のテレビといえば『よしもと新喜劇』と『ビッグフィッシング(再放送回)』が2大メジャー番組であった(“半ドン”で家に帰ると必ずテレビで流れていた、とも言い換えることもできる)。イトキンもこれを楽しみにしていたひとりで、『ビッグフィッシング』土曜の再放送と、木曜の本放送両方を欠かさずチェックしていたという。

イトキンといえば2009年、自主制作で沖縄にマグロを釣りに行くDVDを作ったこともあるほどの釣り好き。さらに釣りきっかけでメジャーデビューができたというエピソードまでも持っている(デビュー前に、メンバーから東京でのオーディションライヴへの出演を電話で相談され、その時、たまたま鯉を釣っていたイトキンは、「ねらいの巨鯉が釣れたら東京に行こう」と決める。するとその日、90センチオーバーの鯉を釣り上げ、結果、ライヴに出演。メジャーデビューにつながった)。

『ビッグフィッシング』ロケ当日は、波は多少あったものの天気も良く絶好の釣り日和。司会のオール阪神師匠も同行し、チヌ、イサキ、それに加えて海上釣り堀の3ヶ所で釣りをした。何より、イサキを釣り上げて笑顔なふたりの写真を見れば、充実したロケになったことは明らかだろう。

なお、終了後にイトキンが、「釣り仕事、またしたいです!!」と、言い放ったことは言うまでもない。

【放送概要】
番組名:ビッグフィッシング
放送局(ネット):サンテレビ(KBS京都、テレビ和歌山、三重テレビ)
放送日時:6月9日木曜日 ※現在は再放送無し
(KBS京都 翌土曜21:00~、テレビ和歌山 翌土曜24:10~、三重テレビ 翌水曜22:15~)
レギュラー出演者:オール阪神、牧野晴歌、今井浩次、安田明彦 他

◆ET-KING オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon