“ニコニコの民”の英知を結集したニコニコミュージカル『カンタレラ』

twitterツイート

「ニコニコ動画」の新たなエンターテイメント事業のひとつ、ニコニコミュージカル。8月3日から7日まで全労済ホール スペース・ゼロにて、ニコニコミュージカルの新作『カンタレラ』が上演される。

◆ニコニコミュージカル『カンタレラ』記者会見 画像

本ミュージカルは、2008年2月に投稿された、黒うさPがボーカロイドソフトのKAITOを使った人気楽曲「カンタレラ」を原案とした作品。楽曲「カンタレラ」のドラマティックな世界観は大反響を呼び、2011年5月現在、約157万回以上の再生数を誇っている。また、原案協力には約177万回再生を誇る「サンドリヨン」の作詞・orange、作曲・Dios/シグナルP、そして約178万回再生を誇る「パラジクロロベンゼン」の作者・オワタPも名を連ねる。つまり、“ニコニコから名作を!”のスローガンのもと、“ニコニコの民”の英知を結集。Webの集合知を活かした作品となる。

演出は、ミュージカル『テニスの王子様』をはじめとする人気作の演出を手掛ける上島雪夫。出演者にはミュージカル『テニスの王子様』や『テンペスト』など、舞台での活躍がめざましく、テレビや映画にも活躍の場を広げる兼崎健太郎。さらに、ニコニコ動画の【歌ってみた】 のカテゴリで活躍する少年T(Tomohisa)、弟の姉、koma'nらユーザーも出演する。

公演を前に、制作発表会が開催され、各キャストや制作陣が意気込みを語った。

   ◆   ◆   ◆

兼崎健太郎(チェーザレ・ボルジア役)
「今回の作品は、僕が知らない世界の方々も出演するので、それぞれの個性を出しつつ、魅力ある舞台へしていきたいと思います。」

弟の姉(ルクレツィア・ボルジア役)
「ミュージカルは今回が初めてですが、こんな大きな企画に誘われて、大変嬉しく、気持ちが高ぶっています。大きな運命に翻弄されるルクレツィアの心情を汲み取って演じられるように努めたいと思います。」

koma'n(カプリ役)
「普段はニコニコ動画に作曲した作品などを投稿しています。演技は今回が初めてなので、皆さんに迷惑をかけないよう頑張りたいと思います。」

郷本直也(フェルナンド役)
「僕は(プロデューサーの)片岡さんと(演出の)上島さんとは、ミュージカル『テニスの王子様』の一番最初からご一緒していて、長いつきあいです。パソコンはしない人間なのでわからないことも多いですが、畑の違う人達が集まり、化学反応が起こって、何か面白いことができるのではないかと思います。」

AD笠原(ピエロ・メディチ役)
「僕はニコニコミュージカル第2弾『ニコニコ東方見聞録』と第4弾『ココロ』に参加しました。歌い手さんが出る舞台というのは初めてではないのですが、舞台に立ったら、歌い手さんの役者っぷりにすごいなと思いました。今回、舞台に立つときは、役者の皆さんに頼って、一生懸命頑張りますのでよろしくお願いします。」

太田在(クラウディア&ヴァンノッツァ役)
「ニコニコ動画は、いつも楽しんで観ながらコメントをする側でしたが、今回はコメントしていただける側になるので幕が降りる時に「最高でした!」いうとコメントが画面いっぱいに並ぶように頑張りたいです。」

上島雪夫(演出 / 振付)
「演劇やダンスなどオーソドックスな世界に生きてきた僕に、8年前、あるテニス漫画を持ち込んで、「この作品をミュージカル化したい」と言ってきたのが、(「カンタレラ」プロデューサーの)片岡さんでした。ミュージカル『テニスの王子様』は、僕がアニメや漫画に精通していなかったからこそ、いい化学反応が起こったのではないかと考えています。
今回のニコニコミュージカルは、誰もやったことのない企画だからこそ、『テニミュ』と同じ奇跡が起きるのではないかと感じています。今回のキャストは演技未経験者の方もいらっしゃいますが、未経験者の方を育てるのは『テニミュ』で慣れています。僕が優しく育てて導いてあげたいと思います(笑)
ニコニコ動画のファンの方ががっかりしないように、というより今回の作品を観なかった人をがっかりさせられるようにしたいです!」

   ◆   ◆   ◆

【ニコニコミュージカル『カンタレラ』】
上演期間:2011年8月3日~7日
会場:全労済ホール / スペース・ゼロ
演出:上島雪夫
原案:カンタレラ(作詞/作曲:黒うさP)
原案協力:サンドリヨン(作詞:orange・作曲:Dios/シグナルP)
パラジクロロベンゼン(作詞/作曲:オワタP)
出演:兼崎健太郎 / 弟の姉、少年T(Tomohisa)、koma'n / 郷本直也、ヨウスケ・クロフォード、兼松若人、AD笠原、海斗、コンコン / 水谷誠司、太田在 / 渡辺大輔(友情出演)
ストーリー:1495-1496年頃のローマ。ロドリゴ・ボルジアは、権謀術数を駆使し教皇に上り詰めた。栄華を極めるボルジア一族。だが、その栄光は空しい。権力を持てば、人は本当に幸せになれるのだろうか。ロドリゴの子供たちチェーザレ、ホアン、ルクレツィア、3人と家伝の毒薬「カンタレラ」の悲劇の物語。

◆ニコニコミュージカル 総合ページ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス