レディー・ガガ、黒木メイサ・多部未華子W主演ドラマ主題歌に

ツイート

黒木メイサ・多部未華子のダブル主演でスタートする7月の金曜ナイトドラマ『ジウ 警視庁特殊犯捜査係』のドラマ主題歌に、レディー・ガガの「ジ・エッジ・オブ・グローリー」が起用された。

◆黒木メイサ・多部未華子、レディー・ガガ画像

“身体”と”知性”を武器とするふたりの対照的な若き女警察官が衝突を繰り返しながらも、警察史上に残る連続犯罪事件の首謀者ジウを追い詰めていく警察ドラマが『ジウ 警視庁特殊犯捜査係』だ。スリルとサスペンスに満ちた新しいかたちの警察ドラマだが、ガガの作品が日本のドラマ主題歌に用いられるのはこれが初めてのこと。

アルバム『ボーン・ディス・ウェイ』の収録曲のひとつである「ジ・エッジ・オブ・グローリー」は、テクノサウンドの中にサックスの音色をフィーチャーさせた作品で、「THE EDGE OF GLORY(栄光の果て)」というタイトル通り「この世の最後の瞬間、真実の瞬間、この世を去る前の瞬間についての曲なの」とガガが語っている。

ドラマ『ジウ 警視庁特殊犯捜査係』では、さまざまな愛の形が描かれていくという。愛を否定することで人を殺しても何も感じない自分でいようとする基子(黒木メイサ)と、愛を信じ愚直に加害者と向きあおうとする美咲(多部未華子)、そして愛の存在さえ知らないという謎の犯罪者ジウ。さまざまな愛の形が絡み合い交錯して、ひとつの真実を導きだしていくというものだ。そんなストーリーと、ガガが歌う「この世の最後の瞬間、真実の瞬間」というテーマがどのように化学反応を見せるのか、比重に楽しみだ。

「レディー・ガガの楽曲は今最もパンチがあり、このドラマの顔として私たちの希望でした。Wヒロインの疾走とともにガガの歌声を楽しみにしてください!」──内山聖子ゼネラルプロデューサー

『ボーン・ディス・ウェイ』
2011年5月23日全世界同時発売
通常盤UICS-1230 \2,500
スペシャル・エディション(2CD)UICS-1228/9 \2,980

◆レディー・ガガ・オフィシャルサイト
◆BARKS洋楽チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス