「ポニーテールとシュシュ」をパンクカヴァーで大ヒット

twitterツイート
オリコン初週売り上げ記録を塗り替え、総選挙で話題沸騰中のAKB48だが、「ポニーテールとシュシュ」が英語詞に訳されパンクカヴァーされている楽曲が収録されているカヴァーアルバム『PUNK EATS J-POP -MOSH PIT STYLE-』をご存知だろうか。

2011年6月7日にリリースとなったこの『PUNK EATS J-POP -MOSH PIT STYLE-』が大ヒットとなっているのだ。

『PUNK EATS J-POP』は2010年10月に第一作目がリリースされたカヴァーコンピレーションアルバムで、J-POPの超有名曲を英語詞に変え、西海岸直系のメロコアパンクでカヴァーするというコンセプトの作品だ。第2弾となる今作も含めシリーズで3万枚を突破する売り上げを見せており、密かなるブームとなっているのだ。カヴァーしているのはGHOST COMPANY(ゴーストカンパニー)という覆面カヴァーバンド。

このCDがバカスカ売れているのは、ヴィレッジヴァンガードだ。オリコンチャートにも入ってこない流通だが、ヴィレヴァンでもパンクが売れるという現実。ボッサばかりではないのだ。なかなか愉快じゃないか。

お近くのヴィレッジヴァンガードにお寄りの際は是非チェックを。

『PUNK EATS J-POP -MOSH PIT STYLE-』
R3RCD-102 ¥1,500(tax in)
1.「本能」椎名林檎
2.「ポニーテールとシュシュ」AKB48
3.「One Night Carnival」氣志團
4.「ずっと好きだった」斉藤和義
5.「Story」AI
6.「スパイダー」スピッツ
7.「My Sweet Darlin'」矢井田瞳
8.「真夏の夜の夢」松任谷由実
9.「LOVE 2000」hitomi
10.「Jupiter」平原綾香

◆『PUNK EATS J-POP』オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス