ア・ブロークン・サイレンス、更なる攻撃力で最新作『A BROKEN SILENCE』リリース

ツイート
オーストラリアのリンキン・パークとの呼び名も高い、ア・ブロークン・サイレンスの最新作『A BROKEN SILENCE』が6月8日にリリースされた。

◆ア・ブロークン・サイレンス画像

ア・ブロークン・サイレンスはラッパーTorcha率いる5人組のミクスチャーバンドだ。B-Don(Key)がシドニーで主催していたフリースタイル・ラップ・コンテストを勝ち抜いてきたのがTorcha(Vo)であり、それから仲間を加えて結成されたバンドがア・ブロークン・サイレンスとなる。

TorchaはヒップホップグループHyjak N TorchaとしてXzibit、Mobb Deep、Gang Starr、Ice Cubeなどと共演してきたキャリアを持つが、今作では前作を遥かに上回るアグッレシブな一面を垣間見せつつも、オリジナリティー溢れるヒップホップ×ラウドロックをミックスし、高いスキルでライムを放つ。美しくもはかなく悲しげなピアノの調べが底に敷かれ、そこに美メロが激しく叫ばれるスタイルは、多くのロックファンの琴線を震わせることだろう。

自らの周りで起きていることを題材に曲を作っているというTorchaは、今回の作品は「これから世界を担っていく若い世代に向けてのメッセージを歌詞にこめた」と語っている。2011年3月に発生した東日本大震災の際には真っ先に日本のファンを心配するメッセージを送ってくれたが、オーストラリアのTVで報道される被災地の様子を見るたびに心を痛め、「何か自分たちにできることはないか?何でもするよ!今は辛いだろうけどいつでも日本のことを思っているよ」と励まし続けてくれていた。

今までずっと応援して来てくれた日本のみんなの力に今こそなりたいという思いから、彼らは今作『A BROKEN SILENCE』の売り上げの半分を、日本赤十字に寄付するという。

スピードと爆発力、未来の世代へ向けた力強いメッセージを携えて放つ『A BROKEN SILENCE』、まずはチェックを。

◆ア・ブロークン・サイレンス・オフィシャルサイト
◆ア・ブロークン・サイレンス・マイスペース
◆BARKS洋楽チャンネル
◆東北地方太平洋沖地震にまつわる音楽・アーティスト関連情報ページ
この記事をツイート

この記事の関連情報