ミドリカワ書房、恒例の“梅雨フェス”で新曲初披露、アルバム全容も解禁に

ツイート
ミドリカワ書房が、この時期の恒例イベントとして開催している“梅雨フェス”、<MIDOFES 2011 EAST>を6月11日(土)に渋谷AXで行なった。

このイベントは、回を追うごとに動員数が増加しており、今年も早くからソールドアウトとなっていた。そうした状況を受け、チケットを買えなかったファンの要望に答える形で、若干の立ち見席の追加販売が出るほどの盛況ぶりとなった今回。

6月26日に大阪で行なわれる<MIDOFES 2011 WEST>が終わらるまでフェスの内容には触れられないのだが、今年も面白…、いや、梅雨のジメジメした空気を吹き飛ばしてくれるような熱いイベントだということだけはお伝えしよう。ミドリカワ書房はもちろんのこと、緑原敬之、伸として梅雨、YO-SING(緑心ブラザーズ)、Mid Children、ミ・ドリフターズ、浜田伸吾といった、このイベントのためだけに集結した豪華アーティストたちのパフォーマンスは見逃したら後悔するに決まっている。

そんなミドリカワ書房の7月13日発売のニュー・アルバム『愛にのぼせろ』の内容が明らかになった。

GOING UNDER GROUNDとのコラボ曲が6曲も収録されており、GOINGのフロントマン、松本素生作曲の楽曲も2曲含まれている。関係者の話によれば、「今回、彼らにすっかりお世話になったミドリカワ書房は今後一切GOINGに足を向けては寝られない」とのこと。

また、ミドフェスで初披露されたアルバム・リード曲「君は僕のものだった」は、西野カナやJUJUなどにも曲を提供している作曲家、小倉しんこうの楽曲にミドリカワ書房自身が詞をつけ、さらにGOING UNDER GROUNDの中澤寛規がギターで参加。そのミュージック・ビデオも公開されたので、ぜひチェックを。

ミドリカワ書房は、10月に東京と大阪でワンマン・ライヴ<ミドリカワ書房愛のワンマン・リサイタル ~秋にのぼせろ~>を行なう。

New Album
『愛にのぼせろ』
2011年7月13日発売
TKCA-73654 ¥2,800(tax in)
1. グッドモーニング
2. 銭湯の思い出
3. 君は僕のものだった
4. 片想われ
5. 魔法にかけて!
6. こちょばしっこ
7. はじめての合コン
8. I am not a mother
9. また明日
10. 熱海

all lyrics by 緑川伸一
Track5,9 music by 松本素生(GOING UNDER GROUND)
Track3 music by 小倉しんこう
Track2,5,8,9,10 produced by GOING UNDER GROUND

<ミドフェス2011 WEST>
6月26日(日)umeda AKASO
開場17:00 開演17:30
出演 ミドリカワ書房 / 緑原敬之/ 伸として梅雨 / YO-SING(緑心ブラザーズ)
Mid Children / ミ・ドリフターズ / 浜田伸吾
レジデントDJ : 茂木淳一
◆チケット詳細&購入ページ

<ミドリカワ書房愛のワンマン・リサイタル ~秋にのぼせろ~>
10月23日(日) 心斎橋BIGCAT
10月26日(水) 渋谷クラブクアトロ
前売り(税込み) \3,000+1D
当日券(税込み)\3,500+1D
オールスタンディング
チケット発売日等詳細はオフィシャルホームページにて

◆ミドフェス オフィシャル・サイト
◆ミドリカワ書房 オフィシャル・サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報