リトルテンポ、太陽の様なハッピーを届けてくれる新作『太陽の花嫁』

ツイート
リトルテンポの3年振りとなるニューアルバム『太陽の花嫁』が6月22日に発売となる。スティールパンの音のシャワーが降り注ぎ、太陽の様なサウンドが夏を呼び込むダブ・パラダイス満開のアルバムだ。

◆リトルテンポ画像

ライブでは、9人の野郎共から生まれる最高のグルーヴでオーディエンスをええじゃないか的馬鹿騒ぎ大宴会へとなだれ込ませる彼らだが、『太陽の花嫁』は、ライブとは又違ったスタジオ盤ならではの魅力が満載となっている。

人力にこだわらず4曲もの打ち込みトラックも取り入れられ、ゲスト・ミュージシャンとして大野由美子(Buffalo Daughter、Sunshine Love Steel Orchestra)、icchie(ex DETERMINATIONS)、外池満広(DRY&HEAVY)、西内徹が参加し、心地の良いグルーヴとリトテン節ともいえる秀逸なメロディーで、ゆったりとした気持ちに浸れる作品となったとか。

生い茂った緑、波をもてあそぶそよ風といった景色、四季の情景が広がる楽曲がラインナップされ、ジャマイカのリディムやトリニダード・トバゴで生まれた楽器スティールパンを用いながらも、日本の風土の中から生まれた情緒が染み渡っている。

そこにはスキャンダリズムや目を引く飛び道具もないけれど、気取らず力まず漸進を貫くリトテンの奏でるサウンドは、どんな時代でも輝き、太陽の様なハッピーを届けてくれる。おっさんだけど、まさしく『太陽の花嫁』なのだ。

『太陽の花嫁』
2011年6月22日発売
SUNCD-004 ¥2700(税込)
1.太陽の花嫁 Sun Bride
2.雨の日には On a rainy day
3.水平線 Horizon
4.そよかぜ通り Breezin' Avenue
5.モーレツマンボ Fire Burning Mambo
6.月光 Moon Beams
7.南京豆売り The Peanut Vendor
8.ブラジリアン・サマー Brazilian Summer
9.トワイライト・ダンディ Twilight Dandy
10.ときめき☆リダイヤル Redialing in love

<リトルテンポ・ライブ>
6月19日(日)高崎HANDSHAKE LIVE 2011
7月29日(金)新潟FUJIROCK 2011
9月16日(金)東京リキッドルーム『太陽の花嫁』レコ発記念LIVE

◆リトルテンポ・オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報