あれから3ヶ月、加藤登紀子がチャリティーコンサート

twitterツイート

6月11日(土)、加藤登紀子が東京渋谷Bunkamuraオーチャードホールにて<東日本大震災チャリティーコンサート 加藤登紀子 with Friends>を開催した。

◆「今どこにいますか」映像

会場は2200人の観客で超満員。BEGIN、キマグレン、かりゆし58、KOBUDO-古武道-、鳥越俊太郎、川嶋あい、CHILDHOOD、Yaeと、世代を超えたゲストが登場し、冒頭、出演者全員で黙とうを捧げた。その後、加藤登紀子が震災後すぐに書き上げた曲「今どこにいますか」を力強く歌い上げた。その後、加藤登紀子はKOBUDO-古武道-と「絆 ki・zu・na」や、かりゆし58と「手と手」をコラボ歌唱し、1部は大きな盛り上がりを見せ、終了した。

15分間の休憩をはさみ、2部の冒頭では、キマグレンと共に加藤登紀子のオリジナル曲「時には昔の話を」をデュエット。この夏にはキマグレンのホーム、逗子のライブハウス「音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2011」でも共演があるという。その後、BEGINがステージが登場し、オリジナル曲3曲を熱唱した後再び加藤登紀子が登場し、BEGINと共に2011年2月にリリースされた新曲「パーマ屋ゆんた」を、加藤登紀子の娘でアーティストのYaeを交えてデュエットした。

2部のラストでは2010年にリリースしたシングル曲「君が生まれたあの日」を歌い、会場は大きな感動に包まれた。また、アンコールでは、落語家の笑福亭鶴瓶がステージに駆けつけ、出演者全員で「Power To The People」「Don't say goodbye」を観客と声を合わせ会場が一体となって歌唱した。

コンサート終了後には、出演者が会場ロビーにて募金活動を行なった。この度のコンサートの収益金は全て、NPO法人BHNテレコム支援協議会を通じて、被災地に寄付される。


◆東北地方太平洋沖地震にまつわる音楽・アーティスト関連情報ページ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報