滝沢秀明、DVD『新春 滝沢革命』でソロ史上初8作連続1位

ツイート
6月8日にリリースされた滝沢秀明のDVD『新春 滝沢革命』が、6月20日付けのオリコン・ウィークリーDVDランキングで初の総合首位を獲得した。ミュージックDVDランキングでの連続首位獲得作品数も8作に更新しており、滝沢は、歴代ソロアーティスト記録単独1位も同時に獲得した。

『新春 滝沢革命』は、2011年1月1日よりスタートした帝劇開場100周年記念公演として開催され、1月1日の元旦から1月27日まで計38公演、総動員数7万人という、新たな帝劇の歴史の1ページを飾った記念碑的公演をDVD化。

<女と男のLOVEと書いて これを革命と読みます。>という「愛・革命」からのフレーズのとおり、これまでの『新春 滝沢革命』は、“男女の愛”をテーマに作りあげてきた。しかし今作では少し切り口を変えて、“兄弟の愛”をフィーチャーした内容に。滝沢秀明が、「弟役は彼しかいない!」と自らラブコールを送った中山優馬を迎え、ストーリー、演出ともに大きくリニューアルされた。

滝沢秀明と中山優馬の兄弟、そして父親の錦織一清。この3人が織りなす運命の糸をA.B.C-Z、Mis Snow Man、ジャニーズJr.の面々が脇を固める。2009年、2010年の公演とは違った、誰もが楽しめ感動できるスーパーエンターテイメント。それが2011年の『新春 滝沢革命』だ。

なお、帝国劇場100周年にちなんで滝沢秀明が作ったオリジナル曲「SHOW」も舞台に彩りを加えているので、公演を観ていない人は、こちらにも注目してほしい。

◆タッキー&翼 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報