ジェロ、AKB48・佐藤亜美菜らとミュージカルに挑戦

twitterツイート

ジェロが、初めてミュージカルに出演する。

◆ジェロの最新画像

出演するのはブロードウェイ・ミュージカル『BLUES IN THE NIGHT』。トニー賞ベストミュージカル賞にもノミネートされ、その評判と圧倒的なできばえでロングランされた傑作だ。この作品の中で、ジェロが演じるのは甘く危険な男“MAN”。プレイボーイだが理想と現実との間で苦悩するブルースシンガーの役として登場する。

「30歳になったら今までとは違った新しい挑戦をしてみたいと思っていました。このようなブロードウェイ・ミュージカルのお話を頂けてたいへん光栄だし、とても楽しみです。この作品は観た事がありませんでしたが、以前からミュージカルは大好きで、ブロードウェイにも何度か観に行ったこともあります。一番好きな作品は『コーラスライン』ですね。」── ジェロ

また本作の演出家・吉川 徹氏はジェロについて「ジェロが歌う演歌は日本のブルースです。」と評価するとともに、「日本ミュージカル界にジェロという新たな才能を迎えられることを心から嬉しく思っています。」と、ミュージカルシーンのホープとして期待を寄せる。

今回の作品はジェロのほか、森公美子、湖月わたる、そしてダブルキャストとしてAKB48から佐藤亜美菜と片山陽加が出演する。4人のみで繰り広げられる異色のミュージカル『BLUES IN THE NIGHT』。公演は9月30日天王洲・銀河劇場を皮切りに全国数ヵ所で予定されている。

ちなみにジェロは、6月22日にシングル「ただ…涙」と、アルバム『カバーズ4』を同時発売。新曲「ただ…涙」はピアノと弦だけをバックに切々と歌い上げる楽曲で、ジェロの新境地的作品。そして『カバーズ4』では、これまでの演歌系楽曲中心のカバー内容から「勝手にしやがれ」といったポップス系楽曲にも挑戦した。

さらに、東京、名古屋、大阪の3カ所のライヴハウスで7月より開催を予定しているライヴは、自身のオリジナル以外で構成。洋楽曲など様々なジャンルでのパフォーマンスを予定している。

◆ジェロ オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス