レゲエチャリティソング「14 ALL」、念願のCD化

ツイート
日本のレゲエアーティスト26名が集結した東日本大震災のチャリティソング「14 ALL」(ワン・フォー・オール)の、着うた(R)/着うたフル(R)のダウンロードによるチャリティ額が450万円を突破した。

この楽曲はレゲエディージェイCHEHONとレゲエプロデューサーGACHAPAN RECORDSが「何か被災した人たちの力になりたい」と、Twitterなどで日本中のレゲエアーティストに協力を呼び掛け実現した、チャリティプロジェクトで、4月20日よりレゲエ・ザイオンより配信がスタートとなった。瞬く間にサイト史上最高となるダウンロード数を記録し、ついにそのチャリティ額が450万円を突破。あわせて被災した方を始め、ダウンロードしたユーザーから多数の感謝のメッセージが寄せられ、大きな話題を呼んでいた。

サビで「ワン・フォー・オール、オール・フォー・ワン」と合唱されるこのプロジェクトは「14 ALL MOVEMENT」と名付けられ、それぞれのアーティストがそれぞれの状況で感じたメッセージを歌に込め、被災した人たちへ勇気と元気を与えられるようエールを送るとともに、日本国民全員がこの大きな問題に立ち向かえるよう、明日を向いて立ち上がろうと呼びかけているものだ。

「おれは辛いとき、死にたいと思ったときに何回も音楽から力をもらい助けられた事があります。これは綺麗事じゃなくてマジで。そしてその度に強くなれた。それって本当にすごい事やと思います。だから今逆の立場になってその役割を少しでも多く果たしたい。そしてそれがお金になるのなら復興に役立ててもらいたいと思ってます。stay strong, pray for japan.」──CHEHON

そして要望の強かったCDのリリースが6月29日に決定となった。全国のTSUTAYA、WonderGOOの一部の店舗、及びレゲエ・ザイオンにて先行発売となる。20分という楽曲の長さの為、着うた(R)ではいくつかのヴァージョンに切り分けられて配信されており、ユーザーからは全編を通して聞けるCDのリリース要望が強く求められていた。

このCDは、TSUTAYAのCD販売の一部及びレンタル料の半額、またレコードレーベルCBB RECORDSの収益全額が、東日本大震災の被災地の支援活動を行う団体に寄付される。

「14 ALL(ワン・フォー・オール)」
2011年6月29日発売
CBBR-0001 ¥1050(税込)
※全国のTSUTAYA、WonderGOOの一部の店舗 及びレゲエ・ザイオンにて先行発売
参加アーティスト(楽曲登場順):
MASTA SIMON (Mighty Crown)
CHEHON
NG HEAD
RUDEBWOY FACE
RUEED
BOXER KID (Mighty Jam Rock)
JUMBO MAATCH (Mighty Jam Rock)
TAKAFIN (Mighty Jam Rock)
NATURAL WEAPON
PETER MAN
MICKY RICH
G2
AKANE
導楽
TAK-Z
RYO the SKYWALKER
MONKEY KEN
SING J ROY
PAPA U-Gee
ARM STRONG
KENTY GROSS
VADER
BIG BEAR
SHINGO☆西成
PUSHIM
BOOGIE MAN
プロデュース:CHEHON & GACHAPAN RECORDS
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス