DAZZLE VISION、オーディエンスを萌えさせるMaikoのスクリーモ

ツイート

DAZZLE VISIONのニューアルバム『キラリ』はチェック済みであろうか。6月3日にリリースされたこのアルバムには、より激しいデスボイスから、空気をつんざくようなスクリーモ、そして柔らかな女性の心模様を紡ぐキャッチーなナンバーまで、過去作から大きく飛躍した幅の広さとポップ&ヘヴィーに進化したDAZZLE VISIONの新世界が繰り広げられている。

◆「Like I'm not real」&「キラリ」PV映像

以前、BARKSでデスボイスコンテストを開催した際に、Maikoが寄せてくれたコメントがある。

「私にとって「デスボイス」とは声にならない「心」です。すごく嬉しい時やとても悲しい時、人は叫びたくなりますよね?それと同じで、私が心を込めた歌を歌う時にスクリームやシャウトが出るのは自然なことなんです。」──Maiko

あまりに切なく辛い思いは歌詞に綴られmaikoに載ると、アレだけの絶叫から声にならない声「デスボイス」が漏れ聴こえ、ストーリーが泣き震えだす。そしてそれに負けまいと叫ぶのがDAZZLE VISIONの感情の叫びであり、それがスクリーモなのであろう。

いたずら好きの子供のような目と、悲しみに押しつぶされそうな女性の目をコロコロと変化させながら、キュートなmaikoは、ステージでもオーディエンスを自分の感情で覆い包もうともがき続ける。心が通じた瞬間のかわいらしい笑顔と、スクリーモを放つときの切なくも強固な魂の振動が、DAZZLE VISIONの魅力であり、Maikoにまた会いたいと思うオーディエンスの偽りなき思いであろう。

アルバム『キラリ』と共に、是非生のDAZZLE VISIONに触れてもらいたいと思う。



『キラリ』
2011年6月3日発売
SMRA-1001 ¥2,500(Tax In)
1.キラリ
2.REASON
3.Like I'm not real
4.バラバラ雨
5.∞
6.Miss Cinderella 2
7.One for all, All for one
8.12月
9.ゼロ
10.CONTINUE
11.月と太陽
12.桜

<DAZZLE VISIONイベント>
2011年6月26日(日)名古屋栄TIGHT ROPE
2011年7月2日(土)タワーレコード新宿店インストアライブ&握手会
2011年7月8日(金)水戸LIGHT HOUSE
2011年7月18日(祝)高崎Club FLEEZ
2011年7月23日(土)渋谷clubasia「キラリ」レコ発イベント
2011年7月24日)宇都宮HEAVEN'S ROCK
2011年8月12日(金)名古屋栄TIGHT ROPE
2011年8月21日(土)新宿WildSideTOKYOワンマン
◆チケット詳細&購入ページ
◆DAZZLE VISIONオフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報