デヴィッド・バーン、最新ライブ・フィルムDVD発売記念イベント開催

ツイート
デヴィッド・バーンの最新ライヴ・コンサート・フィルム『ライド、ライズ、ロウアー』の日本盤DVD発売を記念し、特別上映と湯浅学/永井祐介/伊東篤宏を迎えてのトークショーが6月22日(水)に開催される。

◆『ライド、ライズ、ロウアー』予告編映像

『ライド、ライズ、ロウアー』は、アルバム『Everything ThatHappens Will Happen Today』のツアーで繰り広げられたステージをコンサートフィルムとして収めたもの。ステージは当アルバムはもちろん、「Once In aLifetime」「Burning Down the House」といったトーキング・ヘッズ時代の名曲もプレイされ、話題を呼んだものだ。

アルバム『Everything ThatHappens Will Happen Today』は、名盤『マイ・ライフ・イン・ザ・ブッシュ・オブ・ゴースツ』以来、27年ぶりにブライアン・イーノとタッグを組んで制作されたアルバムだが、このDVDでは、ミュージシャンたちやダンサーたちによって複雑に演出されてゆくステージの光景のみならず、そのリハーサルの模様や制作風景にもカメラはフォーカスし、ブライアン・イーノやコレオグラファーへのインタビューを盛り込むことで、それぞれ個別のアイデアを持つアーティストたちがどのように一つのステージを作っていったのかを知ることもできる貴重なドキュメンタリーになっている。

トークショーでは、本作の上映終了後に、音楽評論家・湯浅学による人気企画『アナログばか一代』の番外編を開催。湯浅学が持ち込むこだわりのカートリッジ、プリアンプ、フォノイコライザーを使って、デヴィッド・バーン関連のレコードを最高品質のサウンドで再生。2010年末にデヴィッド・バーンのアート作品を展示したVACANTの永井祐介、80's PUNK~NewWave には一家言ありの美術家・伊東篤宏をゲストに迎え、デヴィッド・バーンの音楽をたっぷり聴きながらのイベントとなる模様だ。

<デヴィッド・バーンの最新ライブ・コンサート・フィルム『ライド、ライズ、ロウアー』上映会>
2011年6月22日(水)
@渋谷アップリンク・ファクトリー
19:00開場/19:30開演
料金:予約/当日¥1,800(ともに1ドリンク付)
出演:湯浅学(音楽評論家)、伊東篤宏(美術家)、永井祐介(VACANT代表)
※上映作品
『ライド、ライズ、ロウアー』(2011年/約89分)*日本未公開作品
『湯浅学の「アナログばか一代」番外編』
※デヴィッド・バーン、トーキング・ヘッズを良い音で聴く
渋谷アップリンク・ファクトリー
〒150-0042東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1F
tel.03-6825-5502
http://www.uplink.co.jp/factory/log/004012.php

ライブ・コンサート・フィルム『ライド、ライズ、ロウアー』
1.Once In a Lifetime(リメイン・イン・ライト)
2.Life is Long(エヴリシング・ザット・ハプンズ・ウィル・ハプン・トゥデイ)
3.I Zimbra(フィア・オブ・ミュージック)
4.Road to Nowhere(リトル・クリーチャーズ)
5.One Fine Day(エヴリシング・ザット・ハプンズ・ウィル・ハプン・トゥデイ)
6.The Great Curve(リメイン・イン・ライト)
7.My Big Nurse(エヴリシング・ザット・ハプンズ・ウィル・ハプン・トゥデイ)
8.Burning Down the House(スピーキング・イン・タングズ)
9.Houses In Motion(リメイン・イン・ライト)
10.Air(フィア・オブ・ミュージック)
11.Life During Wartime(フィア・オブ・ミュージック)
12.Heaven(フィア・オブ・ミュージック)
13.I Feel My Stuff(エヴリシング・ザット・ハプンズ・ウィル・ハプン・トゥデイ)
14.Everything that Happens Will Happen Today(エヴリシング・ザット・ハプンズ・ウィル・ハプン・トゥデイ)

映画『ライド、ライズ、ロウアー』
監督:デヴィッド・ヒルマン・カーティス
出演:デヴィッド・バーン、ブライアン・イーノ
2011年/約89分


◆BARKS洋楽チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報