音速ライン、故郷福島での「絶え間なく」続く活動

ツイート

音速ラインが3月1日にスタートした全国30ヶ所をまわるツアー<音速ラインTOUR 音速の世界>の振替公演6月8日仙台を経て、6月18日にメンバー藤井敬之の故郷福島いわきでのツアーファイナルを迎えた。レーベル移籍後初となるシングル「Nir」を6月8日にリリースした後のツアーファイナル、そしてメンバー藤井の故郷である福島県でのファイナルとあって、会場は渾然一体となって盛大な盛り上がりをみせた。

◆音速ライン画像

藤井敬之は、東日本大震災被災者の支援を目的とした「ONandON」の発起人となりプロジェクトをスタート、「「ONandON」=「絶え間なく」一過性のサポートではなく継続的に、こんな想いを胸に立ち上げました。復興を遂げ被災者の方々が笑顔を取り戻す時まで様々な活動をしていきたい。」と語っている。

5月には音速ラインとして福島県庁訪問、3月からスタートした全国ツアーのうち、震災翌日からの21公演の各ライブ会場で募金を呼びかけ、全国で募った義援金42万円を内堀雅雄副知事に自ら手渡している。いわき市出身で現在郡山在住という生粋の“福島っ子”で観光大使も務める藤井は、「何年かかっても以前のふるさとを取り返すためなら何も惜しみません」と力強く語り、地元のお笑い芸人・ぺんぎんナッツも駆けつけた。

音速ラインのできること、音楽でサポートの想いを伝えたい、拡げたいという考えから各配信サイトにてチャリティーソング「一人じゃない」を配信、ONandONチャリティTシャツの販売など、思いつく限りで支援をしていく音速ライン。音楽活動とともに今後の音速ラインの、「ONandON」=「絶え間なく」続く活動を応援しようじゃないか。

「Nir」
2011年6月8日(水)発売
CD+DVD 2,500円
※TBS系バラエティ番組「20マウス」の6月度エンディング・テーマ

◆音速ライン・オフィシャルサイト
◆ONandON Project オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報