オフィスオーガスタ楽曲が珠玉のハワイアン・ミュージックに

ツイート
杏子、山崎まさよし、スガ シカオ、スキマスイッチ、秦 基博など、オフィスオーガスタ所属アーティストのヒット曲をハワイアン・ミュージックでカバーしたアルバム『Ka Hoku Li'ili'i(カ ホク リイ リイ)』が7月20日にリリースとなる。

ハワイ語で「星のかけら」を意味する『カ ホク リイ リイ』は、ハワイのミュージックシーンの中心人物であり、スラックキー・ギターの名手であるジェフ・ピーターソンがプロデュース、16曲中12曲はインストゥルメンタル、4曲はハワイ語によるヴォーカルがフューチャーされた作品だ。

スラックキー・ギターとは、ハワイアン・ミュージックでよく使われるギターのチューニングと奏法の総称だが、ジェフ・ピーターソンはハワイのグラミー賞にあたる「ナ・ホク・ハノハノ・アワード」もたびたび受賞しているスラックキー・ギターの名手。国内外のさまざまなアーティストからも評価も高く、エリック・クラプトンやU2などとのコラボレーション実績もある実力派だ。

『カ ホク リイ リイ』のヴォーカリストには、「ナ・ホク・ハノハノ・アワード」の常連テレサ・ブライトをはじめ、HAPAの2代目メンバー:ネイサン・アヴェアウが参加。アルバムタイトルになっている「星のかけらを探しに行こう Again」をカバーした「Ka Hoku Li'ili'i」では、この2人による初コラボが実現している点もポイントだ。

登場楽曲は以下の通り。良く知るヒット曲の数々がハワイアン・アレンジで新たな魅力を輝かせている。是非ともチェックを。

『Ka Hoku Li'ili'i(カ ホク リイ リイ)』
2011年7月20日
ATS-033 \2,520(税込)
1.マリンスノウ(スキマスイッチ)
2.惑星タイマー(スキマスイッチ)
3.名前のない鳥(元ちとせ)
4.奏(かなで)"Kanade"(スキマスイッチ) feat. テレサ・ブライト*
5.明日の風(山崎まさよし)
6.いつか風になる日(元ちとせ)
7.ツバメ "Ke Kualo"(山崎まさよし) feat. テレサ・ブライト*
8.はじまりの日(スガ シカオ)
9.星のかけらを探しに行こうAgain "Ka Hoku Li'ili'i"(杏子) feat. テレサ・ブライト + ネイサン・アヴェアウ*
10.午後のパレード(スガ シカオ)
11.アイ(秦 基博)"Kealoha La" feat. ネイサン・アヴェアウ*
12.僕はここにいる(山崎まさよし)
13.愛について(スガ シカオ)
14.One more time, One more chance(山崎まさよし)
15.朝がくる前に(秦 基博)
16.春夏秋冬(スガ シカオ)
※( )内は楽曲のオリジナル・アーティスト
*ハワイ語ボーカル入り(ハワイ語訳詞 テレサ・ブライト)

◆『Ka Hoku Li'ili'i(カ ホク リイ リイ)』オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス