美形新人シンガー・安田奈央が節電“真っ暗闇”ライヴ

twitterツイート
節電が叫ばれている昨今(もっとも、東京電力の発表する「電力使用率の数値」については、Webで様々なことが言われているが)。そんなこの夏の電力不足をうけて、ユニークな節電ライヴが開催される。なんと真っ暗闇な状態でライヴをするというのだ。しかも新人の美人シンガーが。

◆安田奈央 画像、ミュージックビデオ

節電を訴えながら、うた声を届けるアーティスト。それが7月13日にシングル「つぼみ」でデビューするシンガー・安田奈央(やすたなお)だ。彼女が暗闇の中で行なうライヴ<Voice in the dark>を開催する。

これは、見えない状況下で、純粋に彼女の“うた声”だけを聴き、感じることをテーマにしたイベントだ。不便に感じるはずの節電。それをあえて明かりを消した暗闇の中で歌うことによって、うた声を最大限感じてもらおうという発想はユニーク。ピンチをチャンスに、というか、ポジティブシンキングというか。楽しんで前向きに行なおうとする節電ライヴといえそうだ。

安田奈央は、2010年、代々木第一体育館で開催された巨大ファッションイベント<Girls Award 2010>に出場。北海道から沖縄まで全国から募集された「GIRLS AWARD DAM☆ともオーディション」で、最終審査2,000人の中から見事グランプリに輝き、「うた声全国ナンバー1」となった。彼女の歌には力強さと儚さが混在し、レコード会社曰く、「全国1位だけあって聴くだけで鳥肌モノ」とのこと。

デビュー曲「つぼみ」は、明るく力強いメロディアスなミッドチューン。“歌手になる”という夢に向かって、努力してきた自分自身を“つぼみ”に例えて表現したデビュー曲にふさわしい自己紹介ソングだ。なお、彼女が無料開催している<Voice in the dark>への参加方法は、彼女のデビューシングル「つぼみ」に封入されている。

ところで、画像やミュージックビデオからもわかるように、安田奈央は相当の美人だという噂。ライヴのコンセプトとはいえ、相当の美人の顔が暗闇で見えないというのは、なんだか“もったいない”気もするのだが、これを“もったいない”と思うか、それとも“贅沢”ととらえるべきか……。


◆安田奈央 オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス