森山良子が、デビュー45周年記念両A面シングル「6つの来し方行く末 / Verse~ほほえみに包まれて~」を7月27日にリリースする。

このシングルのプロデュースは、結成35周年を迎えたムーンライダーズの鈴木慶一が担当。“森山良子45周年・鈴木慶一35周年”と、長きにわたって独自性の高い音楽活動を続けてきたふたりが、それぞれの感性を互いに刺激し合って完成させたのが「6つの来し方行く末」。この曲は、ムーンライダーズの名曲でもあり、鈴木慶一プロデュースのもと、ムーンライダーズの演奏で森山良子が歌ったことで、また新たな成熟した楽曲として誕生した。

そして、森山良子が祈りを込めて作詞作曲した新曲が「Verse~ほほえみに包まれて~」。森山良子にとっても初の共同プロデュースによるコラボレーションシングルで、万人に向けたラブレターのような作品となっている。「立ち止まり、振り返り、これで良いのだと次の一歩を踏み出す。」という楽曲に込められたメッセージは、コツコツと自分の道を生きてきた多くの人たちの胸に響くものがあるはずだ。

そしてこのシングルリリースを記念して、スペシャル企画「森山良子×鈴木慶一 プレミアム対談」の配信も決定した。ふたりの出会いに関わっていた、意外なアーティストの話などなど、普段絶対に語られることのない制作秘話や笑い話、音楽観や人生観。音楽ファンならずとも興味深い対談となっているとのこと。この配信は、7月16日より、ドリーミュージックYouTube公式チャンネルにて。

さらにシングルリリースより一足早く、「6つの来し方行く末 / Verse~ほほえみに包まれて~」の着うた(R)が7月13日より、着うたフル(R)が7月27日から配信開始となる。そして、9月3日には、河口湖ステラシアターで<森山良子デビュー45周年記念 野外“大”協奏曲♪>と題したスペシャルコンサートも開催されることが決定した。ゲストには、さだまさし、南こうせつ、山本潤子、白鳥英美子を迎え、名曲の数々が披露される予定だ。

なお余談だが、7月16日より全国東宝系にて公開されるジブリ映画『コクリコ坂から』の主題歌「さよならの夏~コクリコ坂から~」は、森山良子が創唱者として1976年に発表した「さよならの夏」が原曲。

◆森山良子 オフィシャルサイト