クレモンティーヌ、「ババンババンバンバン、マル・マル・モリ・モリ」

ツイート
クレモンティーヌが、またツボな作品をリリースしてくれる。国民的アニメソングをボッサ・カバーした『アニメンティーヌ』に続く、バラエティ番組ゆかりの楽曲をボサノバ・カバーした『バラエンティーヌ』だ。タイトルだけで期待に胸が膨らむじゃないか。「ドリフ・メドレー」から「羞恥心」まで、誰もが笑い、そして元気をもらった楽曲の数々が、彼女の手にかかり、ふわっと幸せオーラ満載の作品に仕立て上げられるというわけだ。

◆クレモンティーヌ画像

親日家であるクレモンティーヌは、震災後に避難所を訪問支援しており、「大人から子供達までが楽しめ、和みや癒しを感じる曲を歌いたい」と思ったところからこの企画が生まれたのだという。

2011年5月に「ホッとできる“たのしい休憩”“笑えて和める曲“」をネットで募集したところ、「いい湯だな」を筆頭にバラエティ番組のテーマ曲やゆかりのある楽曲にリクエストが殺到するという結果が得られた。それを受けて急ピッチでフランスでレコーディングが行なわれたのが、この『バラエンティーヌ』となる。

「今回の震災のことはとても心が痛く、フランスから毎日皆様の無事を祈っていました。大好きな日本のみなさん、“頑張る大人の方々”と“未来の子供たち”のために、リラックスして楽しい休憩のひとときを感じて欲しいと思い歌いました。8月に皆さまにお会いできることを楽しみにしています」──クレモンティーヌ

収録曲は「いい湯だな」「隣組」などをメドレーにした「ドリフ・メドレー」を始め、「DOWN TOWN」(オレたちひょうきん族)や「羞恥心」(クイズ!ヘキサゴンII)、そして今大人気の「マル・マル・モリ・モリ!」(マルモのおきて)をボーナス収録するなど、誰もが知る往年の名番組から現代も人気の番組発の楽曲まで、アンニュイで癒しのボサノバ・カバーに仕上がっているとのこと。「マル・マル・モリ・モリ!」「DOWN TOWN」は一足お先に6月29日に着うた(R)が先行配信となった。

『バラエンティーヌ』
2011年8月3日(水)リリース
SICP-3178 \2,730(税込)
1.ドリフ・メドレー~いい湯だな(8時だョ!全員集合)、隣組(ドリフ大爆笑)
2.DOWN TOWN(オレたちひょうきん族)
3.羞恥心(クイズ!ヘキサゴンII)
4.ニホンノミカタ-ネバダカラキマシタ-(とんねるずのみなさんのおかげでした)
5.マル・マル・モリ・モリ!(マルモのおきて)※ボーナス収録
6.ハイスクールララバイ(欽ドン!良い子悪い子普通の子)
7.タイミング(ウッチャンナンチャンのウリナリ!)
8.白い雲のように
9.めだかの兄妹(欽ちゃんのどこまでやるの!)
10.陽は、また昇る(クイズ!ヘキサゴンII)
11.スーダラ節 ※ボーナス収録
他 全12曲
※収録曲は変更になる場合があります。

<クレモンティーヌ来日公演>
8月5日(金)京都・京都ホテルオークラ
8月6日(土)東京・日本橋三井ホール
8月8日(月)広島・クラブクアトロ
8月9日(火)香川・全日空ホテルクレメント高松
8月10日(水)兵庫・ANAクラウンプラザホテル神戸
8月13日(土)東京・サマーソニック 2011
8月15日(月)大阪・ANAクラウンプラザホテル大阪
8月17日(水)北海道・全日空ホテル札幌
8月19日(金)静岡・しずぎんホール

『クレモンティーヌ&ベン・シドラン』
2011年7月27日発売
\2,100(税込)
※クレモンティーヌとベン・シドランのコラボレーションアルバム。ボーナストラックとしてクレモンティーヌのライヴ音源を収録予定(日本初発売)。

『ハヴ・ユー・メット…バルセロナ?』
2011年7月27日発売
\1,575(税込)
※世界で最もクールなジャズピアニスト・ヴォーカリスト、ベン・シドランの往年の名盤。1989年にバルセロナで録音されたジャズ/ロック・アルバムが発売。ジョニー・グリフィンを迎え、リラックスした演奏が楽しめる。クレモンティーヌのデビュー曲「ガール・トーク」も収録(再発商品)。

◆クレモンティーヌ・オフィシャルサイト
◆クレモンティーヌ・ソニー・ミュージックサイト
◆BARKS洋楽チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報