2011年<VMAJ>、全15部門の受賞ミュージックビデオ発表

ツイート

2011年<VMAJ>全15部門の受賞ミュージックビデオが決定、発表となった。東日本大震災の被災地支援イベント<MTV VIDEO MUSIC AID JAPAN>として開催された今回は、視聴者/一般の方からの投票をもとに、日本赤十字社への募金を行なう取り組みが施され、期間中合計225万票の投票が寄せられることとなった。

◆最優秀ビデオ賞作品映像

レディー・ガガが「最優秀ビデオ賞」を含む最多3部門、次いで、エミネム、リアーナ、少女時代がそれぞれ2部門で受賞を果たした。<MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN>から<MTV VIDEO MUSIC AID JAPAN>へと、“AWARD(授賞)”を“AID(支援)”に変え、東日本大震災の被災地支援イベントとして実施され、投票1票を10円の募金に換算し、バイアコム社(MTVが所属するメディアグループ、本社ニューヨーク)から日本赤十字社への寄付金の一部とする取り組みが行なわれ、計225万票にのぼる投票から算出される募金の上限額である10万USドルが、日本赤十字社へ震災復興支援として寄付されることになる。

全15部門の<MTV VIDEO MUSIC AID JAPAN>受賞ミュージックビデオ作品は以下の通り。ビデオ・タイトルに続く( )内はディレクター名

●最優秀男性アーティストビデオ賞/Best Male Video
ブルーノ・マーズ「Just the Way You Are」(Ethan Lader)

●最優秀女性アーティストビデオ賞/Best Female Video
レディー・ガガ「Born This Way」(Nick Knight)

●最優秀グループビデオ賞/Best Group Video
少女時代「Genie」(Jae-Hyeok Jang)

●最優秀新人アーティストビデオ賞/Best New Artist Video
ジャスティン・ビーバー「Baby feat. リュダクリス」(Ray Kay)

●最優秀ビデオ賞/Best Video of the Year
レディー・ガガ「Born This Way」(Nick Knight)

●最優秀ロックビデオ賞/Best Rock Video
トキオ・ホテル「Darkside of the Sun」(Jim Gable)

●最優秀ポップビデオ賞/Best Pop Video
いきものがかり「ありがとう」(竹内鉄郎)

●最優秀R&B ビデオ賞/Best R&B Video
リアーナ「Only Girl(In the World)」(Anthony Mandler)

●最優秀ヒップホップビデオ賞/Best Hip Hop Video
エミネム「Not Afraid」(Rich Lee)

●最優秀レゲエビデオ賞/Best Reggae Video
アイヤズ「Replay」(Rock Jacobs)

●最優秀ダンスビデオ賞/Best Dance Video
レディー・ガガ「Born This Way」(Nick Knight)

●最優秀映画ビデオ賞/Best Video from a Film
アヴリル・ラヴィーン『アリス・イン・ワンダーランド』(Dave Meyers)

●最優秀コラボレーションビデオ賞/Best Collaboration Video
エミネム「Love the Way You Lie feat. リアーナ」(Joseph Kahn)

●最優秀アルバム賞/Best Album of the Year
西野カナ『to LOVE』

●最優秀カラオケソング賞/Best Karaokee! Song
少女時代「Genie」(Jae-Hyeok Jang)

※ノミネート作品は、2010年3月1日~2011年2月28日に国内でリリースされた洋楽・邦楽全楽曲のミュージックビデオを対象に、MTVが選出したもの。受賞作品は、5月2日~6月15日の期間、公式サイトwww.vmaj.jpほかで受け付けた視聴者&一般の方からの投票により決定。受賞作品は、7月2日(土)18:30~20:00に放送された「MTV VIDEO MUSIC AID JAPAN受賞作品特集」で発表された。この番組の再放送は、7月3日(日)12:30~14:00、7月8日(金)17:30~19:00、7月10日(日)21:30~23:00に予定されている。


◆VMAJオフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス