バンド結成24年を迎えたSPITZが、愛知・日本ガイシホールを皮切りに、約2年半ぶり、2度目となるアリーナ・ツアーをスタートさせた。オフィシャルレポートが届いたので掲載しよう。

◆スピッツ ライヴ画像

   ◆   ◆   ◆

約2時間半で全26曲を披露したライヴには、インディーズ時代の曲「鳥になって」、デビュー曲「ヒバリのこころ」、シングルのカップリング曲でありながらもファンに人気の高い「猫になりたい」、ヒット曲「ロビンソン」などが盛り込まれた。彼らの演奏は24年間のバンドの歩みを見せつつも、決して懐古的なではないアプローチがあり、結成から24年という月日を経ても、今もなお常にスピッツは現在進行形のバンドであることを再確認させられた。

また、7月2日に行なわれたさいたまスーパーアリーナ公演では、草野マサムネの「こんなに大きな会場にスピッツだけでいいのか!? レディ・ガガにスペシャル・ゲストで来てもらいたかったんだけど。」というMCに、ギターの三輪テツヤが「もう帰っちゃったけどね。」とすかさずツッコミを入れ、場内を大いに沸かせる場面も。他愛もないMCが作り出す、ほんわかした空気も、スピッツらしさのひとつだろう。

7月12,14、15日には、このアリーナ・ツアーの最終公演となる大阪城ホール3DAYSが行なわれ、その後も毎年自分たちが主催している夏のイベントが東京、大阪、仙台で予定されている。

スピッツの2011年の夏はライヴ三昧だ。

   ◆   ◆   ◆

【セットリスト】
1 聞かせてよ
2 俺のすべて
3 恋する凡人
4 ビギナー
5 ロビンソン
6 幻のドラゴン
7 メモリーズ・カスタム
8 TRABANT
9 冷たい頬
10 猫になりたい
11 鳥になって
12 ラズベリー
13 ヒバリのこころ
14 ガーベラ
15 新月
16 大宮サンセット
17 シロクマ
18 夢追い虫
19 どんどどん
20 探検隊
21 けもの道
22 トンガリ'95
23 8823
24 君は太陽
EN-1 スパイダー
EN-2 チェリー


Photo by kamiiisaka hajime
◆スピッツ オフィシャルサイト
◆スピッツ レーベルオフィシャル