heidi.、米アナハイムで初のアメリカライブを満喫

twitterツイート

heidi.が7月1日(米国時間)、「アナハイム・コンベンションセンター」で開かれた日本のポップカルチャーを紹介するイベント<AM2(エイ エム スクエア)>にゲスト出演した。ボーカルの義彦は「Hello!We are heidi.!」と英語で照れながらあいさつ。米国初上陸のステージは、1曲目の「泡沫」からヒートアップ。客が前方に押し寄せる過熱ぶりを見た主催者が、客に着席をうながす場面もあった。

◆heidi.画像

ステージではテレビアニメ「会長はメイド様!」のエンディング曲に起用された「予感」「∞ループ」など13曲を披露。「予感」では歌詞を口ずさむファンの姿もあり、4人は盛り上がった会場を笑顔で見つめていた。

1時間のライブの最後を飾ったのは、大サビの前で音が止む“義彦タイム”がある「おまえさん」。この日も同様に演奏がストップし、義彦は、またアメリカに来ることを約束し。会場を見渡し「ありがとう」と感謝した後、「♪おまえさんー」と最後のキメ台詞を熱く歌い上げた。

ドラムの桐は「本当に楽しくて気持ち良かった。意外と緊張感がなくて、素直に楽しめた」。ギターのナオは「素直に盛り上がってくれて俺たちも最高に楽しかった!」と初のアメリカライブを満喫した様子。

ベースのコースケは「海外が初めてだったのでどうなることかと思ったけど、すごく反応も良くてすぐにまた来たいと思いました。少しでも日本の音楽を伝えられたらうれしい」。義彦は「日本とは違う楽しみ方ができた。(いろいろ)勉強になりました。また来て、もっともっとお客さんを盛り上げたい」と早くも再渡米を熱望している。

heidi.はライブに加え、ビジュアル系ファッションとして人気が高いh.NAOTOの傘下ブランドである「Sixh.(シックス)」のショーにも出演。同ブランドの新作に身を包み、異国の地でモデルデビューも果たした。

<AM2>は日本のアニメ、マンガ、音楽、ファッション、カルチャーを紹介する入場無料のイベント。2010年から始まり、初年度はハロー!プロジェクトの真野恵理奈らをゲストに招いた。2年目を迎えた2011年は、会場規模などを拡大し7月3日まで同地で開催。分島花音、SCANDAL、Sadieなど幅広いアーティストが集結し、2万人が詰めかける盛況ぶりで、日本のポップカルチャーの人気の高さをうかがわせた。

文:西村綾乃

<AM2>@Anaheim Convention Center 2011年7月1日
SE
1.泡沫
2.ハロー!
3.月光ショータイム
4.∞ループ
5.夕焼けと子供
6.シンクロ
7.ヤサシイウタ
8.レム
9.夏一途
10.予感
11.センチメンタル
12.骸
13.おまえさん
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス