ぱすぽ☆、2ndシングル「ViVi夏」で1位を取れなかったら……坊主アイドルに?

twitterツイート

メジャーデビューシングル「少女飛行」が、ガールズグループ史上初となる、デビューシングルにしてオリコンウィークリー初登場1位を獲得。音楽シーンの上昇気流を捕まえた“ガールズロックユニット”のぱすぽ☆が、7月16日、SHIBUYA-AXにてワンマンライヴ<ViViっと夏しちゃっていいんでSKY!?>を開催した。ライヴ前に行なわれた会見では、8月24日にリリースされる彼女たちの2ndシングル「ViVi夏」で、もし1位が取れなかった際には“坊主アイドルになる(?)”といった、ビックリ発言も飛び出した。

◆ぱすぽ☆画像@2010.07.16 SHIBUYA-AX 記者会見

今回、初のSHIBUYA-AX公演となるぱすぽ☆。これまでとは異なる、AX仕様の特別なフォーメーションでライヴに挑むことを明かした彼女たちは、「こんなに大きな舞台に立てるのは嬉しいことなので、ぱすぽ☆の力を出せるように頑張ります。」と、コメント。一方、メンバーの玉井杏奈は、「今日のリハーサルで身に染みたんですけど、ステージが広すぎて、一歩一歩、大きく動かないと位置に間に合わないんですよ!」と、初めての大きなステージに苦戦した様子。しかし、「せっかく10人で立つので、迫力を出せるように。ステージに負けないように頑張ります。」と、意気込みをみせた。

また、日本時間の7月18日深夜に開催される<FIFA女子ワールドカップドイツ2011>の決勝『日本vsアメリカ』への応援の意味を含めて、自前の日本代表ユニフォームで登場した槙田紗子。日本中が注目している決勝戦の結果を「2対1でなでしこジャパン」と予想する槙田はじめメンバーは、「同じ女性として“すごい!”ってなっちゃう。なでしこジャパンみたいに、ぱすぽ☆も世界で活躍したい。」と、サッカートークに花を咲かせた。

ところで、先日、フランス・パリにて開催された<JAPAN EXPO 2011>に参加してきたぱすぽ☆。フランスでの模様を訊かれると、「空港にもパッセンジャーさん(キャビン・アテンダントをコンセプトにしている彼女たちは、自分たちのファンのことをそう呼ぶ)がいて、Tシャツにメンバーの写真をいっぱい貼ってくれてたり、日本(のパッセンジャーさん)とはまた違った、愛が伝わりました。」と、瞳を輝かせる。日本から遠く離れたフランスの地でも応援してくれていたファンの存在は、彼女たちにとって嬉しく、心強かったようだ。

そして根岸愛、曰く「この曲でパッセンジャーさんのみなさんに想いを伝えたい。」という、8月24日にリリースされる2ndシングル「ViVi夏」。ミュージックビデオのほうでは、グループとして初の水着姿も披露しているこの曲について、「目標はもちろん1位です。」と声をそろえた、ぱすぽ☆。「たとえば、1位を取れなかったら……何か公約的なものはありますか?」と報道陣からツッコまれると、「ゆっきぃが坊主になります!」と、メンバー内から突然のムチャぶり。ターゲットにされたチーフパーサー・藤本有紀美は、「坊主という髪型は好きなんですけど、自分が坊主になるのは、事務所的にちょっと……。」と戸惑いながらも、「1位を取るので大丈夫です!」と、次のシングルへの自信をのぞかせた。

text and photo by ytsuji a.k.a 編集部(つ)
◆ぱすぽ☆オフィシャルサイト
◆ぱすぽ☆レーベルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon
amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス