アデル、ジェイムス・ブレイクらがマーキュリー・プライズの候補に

ツイート
英国、最高峰のミュージック・アワードともいわれるマーキュリー・プライズの2011年の候補作品が発表された。ジャンルを問わず、英国/アイルランドで最も優れたアルバムに送られる同賞。2011年はアデル、ジェイムス・ブレイク、タイニー・テンパー、PJハーヴェイ、エルボー、Katy Bらのアルバム12作がノミネートに挙がった。

マーキュリー・プライズは、ミュージシャンを含む業界関係者により選出される。セールスや知名度は考慮されないため、無名のアーティストが受賞することもある。2011年の候補作品の中にも一般的には知られていないものあるが、隠れた宝である可能性は高い。

<Mercury Prize 2011>のノミネート作品は以下の通り。

アデル『21』
アンナ・カルヴィ『Anna Calvi』
エルボー『Build A Rocket Boys!』
エヴリシング・エヴリシング『Man Alive』
Ghostpoet『Peanut Butter Blues & Melancholy Jam』
Gwilym Simcock『Good Days At Schloss Elmau』
ジェイムス・ブレイク『James Blake』
Katy B『On A Mission』
King Creosote & Jon Hopkins『Diamond Mine』
メトロノミー『The English Riviera』
PJ・ハーヴェイ『Let England Shake』
タイニー・テンパー『Disc-Overy』

何にでも賭けてしまうイギリス人。ノミネート発表後すぐに賭けがスタートし、現在のところアデルが1番人気だという。

Ako Suzuki, London

◆BARKS洋楽チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス