ジョージ・ハリスンの貴重なライヴアルバムがデジタル解禁&無料ストリーミング

ツイート

40年前の1971年8月1日に、ジョージ・ハリスンが主催し開催されたバングラデシュ難民救済コンサート。この模様を記録したライヴアルバム『The Concert for Bangladesh』が、iTunesで初めてデジタル配信される(iTunes LP仕様)。

このコンサートは、1971年当時、友人であり、ノラ・ジョーンズの父でもあるラビ・シャンカールから内戦と洪水災害に苦しむバングラデッシュ難民の窮状を聞いたジョージ・ハリスンが、同じく友人のボブ・ディラン、エリック・クラプトン、リンゴ・スター、レオン・ラッセルらに呼びかけて、ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで開催した。ジョージのこのチャリティー・イベントが、のちの<LIVE AID>や<Hope For Haiti Now>といった大規模チャリティコンサートの原点となったとも言われている。

今回、このライヴアルバムの配信と、歴史的なイベントからちょうど40周年となることを記念して、7月30日13:00から8月2日13:00までの72時間限定で、iTunes Store上にて<The Concert for Bangladesh>のコンサートフィルム映像が無料ストリーミング配信されることも決定した。

また、アルバム『The Concert for Bangladesh』の純益は、すべてユニセフGeorge Harrison基金へ寄付される。

◆BARKS iTunes チャンネル
◆レジェンド&クラシック・ロック チャンネル
◆iTunes Store 『The Concert for Bangladesh』 - George Harrison and friends(※iTunesが開きます)
この記事をツイート

この記事の関連情報