ウィーザー、他バンドを招いてクルーズを準備中

twitterツイート

モダン・ロックの変わり者のひとりであるRIVERS CUOMOに率いられたWEEZERは決して月並みなことをしてこなかった。モダン・エモ・ムーブメントの生みの親とされるWEEZERだが、結成ほぼ20周年となるバンドが行なう『THE WEEZERクルーズ』にはからかい気分がつきまとう。

7/14に発表された海の旅にWEEZERはDINOSAUR JR.、WAVVES、THE ANTLERS、YUCK、そして何年もの間のツアーのオープニング・バンドたちを連れていく。WEEZERのドラマー、PAT WILSONはライブでギターを弾いたりもしているが、DINOSAUR JR.のリーダー、J.MASCISとの共演に張り切っている。

4日間のクルーズは1/19にマイアミを出発、コスメル、メキシコを旅して1/23にマイアミに戻ってくる。

「個人的に、ヨット・ロック・レビューが参加するって聞いたとたんにやる気になったんだ」とWILSONは語る。ヨット・ロック・レビューが関わらなければWILSONですら何を期待したらいいのかわからないそうだ。しかし、クルーズでは「ファンとたくさんやりとりするチャンスがあるはず」とWILSONは言う。WEEZERはクルーズ中に回大きなショーを行なうとのこと。

また、WEEZERは7/28にニュージャージーのホルムデル、続く29日にロングアイランドでTHE FLAMING LIPSとの共演によるコンサートを行なう。

「RIVERSかWAYNE(COYNE。LIPSのフロントマン)が曲をトレードして一緒にコンサートをやらないかって言い出したんだと思う」とWILSONは言う。「最初にそれを聞いたとき『そりゃすごくクールだけど、かなり大変な仕事だな』って思ったよ。それに二人用のバブルを見つけなきゃいけないかもしれないし」

WEEZERにとって普通じゃないツアー方式は珍しいことではない。昨秋は大人気の最初の2枚のアルバム『THE BLUE ALBUM』と『PINKERTON』をすべてアルバム通りにプレイするツアーをしているのだ。

◆ニュース提供:ビルボード
◆BARKSビルボード・デイリーニュース・チャンネル
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス