レッド・ツェッペリン、ストーンズ、オリンピックでの演奏を断っていた

ツイート
数多くの世界的ミュージシャンを生み出してきたイギリスだけに、2012年に開かれるロンドン・オリンピックの開催式で誰がパフォーマンスするのか注目されている。主催者はさまざまなビッグ・ネームに声をかけたらしいが、レッド・ツェッペリンには断られたそうだ。

『Daily Mirror』紙によると、北京オリンピックの閉鎖式で英国を代表しパフォーマンスしたジミー・ペイジは乗り気だったものの、ロバート・プラントに「興味ない」と退けられたそうだ。このほか、ザ・ローリング・ストーンズも断ったといわれている。

しかしながら、主催者の本命はポール・マッカートニー。こちらは無事、承諾。開催式のヘッドラインを務めるのはポール・マッカートニーだと見られている。

また、ジョン・レノンとジョージ・ハリソンの息子達を加えた新生ビートルズ、もしくはマッカートニー&リンゴ・スターのジョイント・パフォーマンスが期待されたが、これは実現しないようだ。リンゴ・スターはその時期、USAツアーに忙しいという。ポール・マッカートニーは若いミュージシャンと共演するだろうといわれている。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス