きゃりーぱみゅぱみゅ、中田ヤスタカと初共演

ツイート
7月29日(金)<ASOBISYSTEM 4th ANIIVERSARY PARTY!!!! HARAJYUKU KAWAii!!!!>にきゃりーぱみゅぱみゅが登場、オーディエンスを前に自身初の生ライブを行なった。

◆きゃりーぱみゅぱみゅメッセージ映像

8月17日(水)発売のミニアルバム『もしもし原宿』のプロデューサーでもある中田ヤスタカ(capsule)が登場すると会場は一気に大歓声。原宿系ファッションで登場したきゃりーぱみゅぱみゅは、世界中でヒットとなっている先行配信中の「PONPONPON」をミュージックビデオとはまた一味違う振り付けで披露。集まった1500人の観客も彼女の独特な世界観を満喫し大いに楽しんでいた。

ライブ後、きゃりーぱみゅぱみゅは「初めてのライブで緊張したけど、みんなが一緒に歌って踊ってくれたので本当にうれしかった~」と本人も楽しんでいた様子。

8月3日には、iTunesにでcapsuleのカヴァーである「jelly」が先行配信される。デビューミニアルバムに「jelly」のカヴァーが収録されることを明らかになった時点で「どんなアレンジになるのか?」と話題となったことを受け、先行配信されるものだ。

実はこの「jelly」には、原曲には含まれないいわゆる「ボツ歌詞」というまぼろしの歌詞が含まれているのだとか。カバーしなければ日の目を見ることがなかったであろう「ボツ」ネタを拾い上げてくるという、きゃりーぱみゅぱみゅの底力、侮れず。



『もしもし原宿』
2011年8月17日(水)発売
初回限定ファトブック仕様(WPCL-10983/\2,000taxin)
販売終了次第通常盤(WPCL-10984/\2,000taxin)に切り替え
1.きゃりーのマーチ
2.チェリーボンボン
3.PONPONPON
4.ちょうどいいの
5.ピンポンがなんない
6.jelly

◆きゃりーぱみゅぱみゅオフィシャルサイト
◆きゃりーぱみゅぱみゅのウェイウェイブログ
この記事をツイート

この記事の関連情報