シブヤとアキバが出会った!?アニソンカヴァー・コンピ登場

twitterツイート

新しい日本の文化として、世界規模で定着してきた感のあるアニメとアイドル。その聖地である秋葉原と、日本を代表する流行の発信地、渋谷。それら今や世界に知られる文化発生の街となった“シブヤ”דアキバ”をコンセプトにしたコンピレーション・アルバムが登場する。

『I❤TOKYO~FOR ANIME MUSIC LOVERS~』と題された本作は、“シブヤ”דアキバ”をコンセプトに、人気のアニメ・ソングをクラブシーンの第一線で活躍するRAMRIDER、瀧澤賢太郎、Jazzin’parkら著名プロデュース陣をはじめ、アフィリア・サーガ・イースト、BiSという注目のアイドル・グループ、シンガーの有坂美香、野本かりあ等が歌唱参加するというアニソン・カヴァー・アルバム。

RAMRIDER×アフィリア・サーガ・イーストによる「残酷な天使のテーゼ」(新世紀エヴァンゲリオン)、瀧澤賢太郎×Julie Wataiによる「創聖のアクエリオン」(創聖のアクエリオン)など、全12曲を収録予定。

また、現在テレビ東京で放送中の『ドリームクリエイター』から誕生した、素人新人声優・水野らむねと同番組美人AD・マスク姫からなるユニット“一般人とAD”(仮)も1曲参加することが決定している。

なお、CDジャケットには、日本一有名なコスプレイヤーとして話題の“うしじまいい肉”をモデルとして起用。カメラマン及びアートワークは、イタリアで発売した写真集「SAMURAI GIRL」が120万部の売り上げを記録した女性フォトグラファー“Julie Watai”を迎えるなど、見ても聞いても気合が感じられる作品になりそうだ。

『I❤TOKYO~FOR ANIME MUSIC LOVERS~』
2011年10月5日発売
CRCP-40303 2,300円(tax in)

収録予定曲
・「残酷な天使のテーゼ」(新世紀エヴァンゲリオン)
 RAMRIDER×アフィリア・サーガ・イースト
・「創聖のアクエリオン」(創聖のアクエリオン)
 瀧澤賢太郎×Julie Watai
・「ハッピー☆マテリアル」(魔法先生ネギま!)
 Jazzin’park×一般人&AD(仮)
 他 全12曲

【参加プロデューサー】
■2 ANIMEny DJ’S
Clammbon(クラムボン)のミト、agraph、LAMAの牛尾憲輔、この二人が「全世界の音楽ヲタ兼アニヲタへのリスペクト」をモットーに、2010年に「アニソンDJユニット」を結成。
『FLOW ANIME BEST』でのMEGA MIXや、TVアニメ『NO,6』のOP「Spell」のリミックス、『猫神やおよろず』のOP「神サマといっしょ」のCW「虹〜Ver.8000000〜」(電気グルーヴのカヴァー)のトラック制作を担当。活動開始から未だ10ヶ月…彼らも予測しなかった驚異的な進撃は、今後も留まることを知らない。

■RAMRIDER
ダンス、ロック、ポップスの三位一体、「音」と「映像」をテーマに2003年に本格活動開始。
現在はヴォーカルであり、作詞作曲、プログラミングすべてを司るRAM RIDERに、VJ、ギターを加えた編成で活動。
またサウンドプロデューサーやリミキサーとしての顔も持ち、浜崎あゆみ、鈴木亜美、HALCALI、SEAMO、sawa、m-flo、SPEED等多くのアーティストの作品を手掛け、様々なシーンでも活動の幅を広げている。

■Jazzin’park
'06年栗原暁(DJ, Composer, Vocal, Producer)、久保田真悟(Guitar, Composer, Vocal,Producer)により結成され、同年12月1stアルバム「Jazzin’park」をリリース。アルバム発売後都内大型レコ-ド店(HMV,TOWER RECORD)ではジャパニ-ズクラブチャ-ト1位を獲得。J-クラブ・ミュージックの新しい旗手としてクラブ業界のみならず、幅広い層にアプローチできるプロデューサーチームとして注目されている。

■瀧澤賢太郎
19歳の時にDJを始めたのをきっかけに、本格的にハウストラックを制作しはじめる。
最近では青山テルマ,Double等のリミックスをはじめ、Ryohei『CAVACA』シリーズへの参加、SAWAサウンドプロディース参加など、作曲、アレンジ、プログラミングといった制作の全てをこなす、ハウス新世代の数少ないリアル・ハウスクリエイターとして、注目を集めている。

■tofubeats
2005年初頭に日本語ラップに影響を受けて音楽製作を開始。
その後はヒップホップ、ハウス、アイドルなどに影響を受け「FPM」「ももいろクローバー」などのRemixを担当。
2008年国内最大レイブ「WIRE」に高校生で史上最年少出演。

■Teddyloid
15歳でプロのビートボクサーとしてライブデビュー。その後、作曲、編曲等で多くの作品に参加。
2011年には柴咲コウの20枚目のシングル『無形スピリット』にリミキサーとして参加し話題を集める。
メジャーシーンから最先端のクラブシーンまでその枠にとらわれない幅広いレンジで、次世代を担う気鋭のサウンドプロデューサー/DJとして注目を集めている。



【参加ヴォーカリスト】
■アフィリア・サーガ・イースト
全国展開中のカフェ&レストラン「アフィリアグループ」の池袋店、上野店、六本木店を代表するメンバーから構成された12人組の学院型ガールズ・ボーカルユニット。萌え業界の2大メーカー、志倉千代丸と桃井はるこのダブルプロデュース。最新6thシングルはデイリーチャート30位。
7月に渋谷duoで行われた初のワンマンライブのチケットは即完売。

■BiS
アイドルを研究して、アイドルになろうとする、アイドルになりたい4人組「Brand-new idol Society」。新生アイドル研究会 『BiS』。Twitter、youtubeなどで話題となりQUICK JAPANでも特集が組まれ、アイドル業界内での注目度も急上昇中。

■有坂美香
1990年、渡米。歌やミュージカル、ダンスの経験を積む。1995年Berklee College of Musicに国際奨学生として入学し、L.L.cool Jのボストン公演でコーラスを務める。
帰国後、Reggae Disco Rockers/Jazztronikのヴォーカルとして活躍する一方、人気アニメ「ガンダムSEED DESTINY」第2期エンディングを唄いオリコンデイリー1位獲得。
アニメファンからの支持も高い。

■野本かりあ
歌手・DJ・モデル。2001年、小西康陽のプロデュースでメジャーデビュー。
同氏が全面プロデュースしたゲームソフト「BEATMANIA THE SOUND OF TOKYO」では、パッケージ/ゲームにも出演しゲーマーの間でも注目を浴びた。

■Julie Watai
写真家、アーティスト。イタリアの出版社から発売された処女作品集「SAMURAI GIRL」が、累計120万部を記録。世界最大のゲームイベントでオープニングアクトを務めたチップチューンユニット「JulieHaliy」や、D.I.Yなテクノポップアイドルユニット「CutiePai」のメンバーとして活動。ファッションからサブカル、音楽、芸術まで縦横無尽に行き来する稀代の女性クリエイター。

■水野らむね×マスク姫
テレビ東京「ドリームクリエイター」発の新人ユニット。32万人の会員をほこる音声専門コミュニティーサイト「こえ部」から特別賞に選ばれた声優「水野らむね」と同番組美人AD「マスク姫」の女性2人組。今後様々な分野で活動予定。



◆日本クラウン オフィシャル・サイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報