宇多丸、K DUB SHINEほか、全国11都市20人のラッパーによる「4 My City II」

twitterツイート
ジャパニーズ・ウェッサイの中心的存在であるDS455のDJ PMXが2007年にAK-69、HOKT、LGYらを迎えてリリースし、シーンのテーマ・ソングとして超ロングラン・ヒットしている楽曲「4 My City」。2011年、この曲の続編「4 My City II」が20名のラッパーを迎えてリリースされる。これだけのラッパーを集めた楽曲というのは、日本のヒップホップ史上類を見ない。

「4 My City II」に参加したメンバーは、宇多丸[RHYMESTER](東京)、DABO(東京)、YOUNG DAIS[N.C.B.B](札幌)、TWO-J(豊橋)、Mr. OZ(名古屋)、CHRiSTY (湘南)、“E”qual(名古屋)、ROWSHI(福岡)、G. CUE(名古屋)、U-PAC[TAGG THE SICKNESS](静岡)、SHINGO☆西成(大阪)、大地(横須賀)、BIG RON(横須賀)、K DUB SHINE(東京)、TERRY[EIGHT TRACK](仙台)、YOYO-C(横浜)、SIMON(東京)、BUZZ[EIGHT TRACK](仙台)、ZANG HAOZI(福岡)、Kayzabro[DS455](横浜)と、北海道から九州まで全国11都市のシーンを代表するラッパーばかり20名。彼らは、オリジナルと同様、それぞれ地元を賛歌し、1ブロックずつリリックを披露してつないでいく。

なお、この続編を制作した背景には、東日本大震災後、あらためて自分を生み、育んでくれた地元への思いを抱くことの意味を感じ、「ヒップホップを通じて今の日本に伝え得る真摯でリアルなメッセージとは?」というシーンを牽引するDJ PMXならではの想いがあったとのこと。

「4 My City II feat. 宇多丸, DABO, YOUNG DAIS, TWO-J, Mr. OZ, CHRiSTY, "E"qual, ROWSHI, G.CUE, U-PAC, SHINGO☆西成, 大地, BIG RON, K DUB SHINE, TERRY, YOYO-C, SIMON, BUZZ, ZANG HAOZI, Kayzabro」は、8月3日に着うた(R)配信開始。着うたフル(R)およびPC配信は8月10日から。

◆DS455 オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報