SPYAIR、新しいスタートを爽やかに応援する初のミディアム・バラード「BEAUTIFUL DAYS」特集

twitterツイート

SPYAIR

「BEAUTIFUL DAYS」 2011.8.24リリース

INTERVIEW

――「BEAUTIFUL DAYS」はドラマ『ドン★キホーテ』の主題歌ですね。

UZ:はい。最初に台本を読んで考えたのはアッパーなロックチューンだったんですね。で、ドラマからの依頼もあって、最初はそういう曲を4曲作ったんですけど、そこからいろいろスタッフとも話して、一曲ミドル・ナンバーを作ってみようということになって作ったのがこの「BEAUTIFUL DAYS」なんです。だから最初のストーリーを受けた印象をそのまま曲にしたというのとは少し違うんです。もちろん書き下ろしではあるんですけど。

――最終的にはアッパーなロックチューンではないものがドラマにも合ってたわけですね。

UZ:そう。でもそれはドラマは置いといて、バンドとして5枚目のシングルとして出すときには絶対にミドルがいいなっていう気持ちがあったんで。ミドルのほうを気に入ってくれて、それがドラマで使ってもらえることになってすごい良かったなと思います。

――「BEAUTIFUL DAYS」というタイトルもいつになくストレートで。

MOMIKEN:はい。タイトルもいくつかあって、どれにしようかって選んで。今作の意気込みって、いつも以上に強いので、タイトルにもこだわりたいねって。最初はすごく意味を考えたんですけど、パッと聴いたときになんとなくこういう曲じゃないかっていうザックリとした感じが想像できる。聴いた瞬間に“なるほど、BEAUTIFUL DAYSだ”ってすんなり入ってくるじゃないですか。自分たちの歩んできた道や、先にあるものが綺麗なものであればいいなっていう意味で“BEAUTIFUL DAYS”なんです。

――曲調もイントロからタイトル通りに爽やかで美しいですものね。

UZ:そうです。誤解を恐れずに言うけど、バラードというのはどんなひねりを加えるよりも、ド定番がいいと思うんですよ。という意味で、アレンジも定番な感じで。それでも良い曲は良い曲だし、そっちのほうが響くことがあると思うから。だからアレンジは意識して、歌や歌詞が際立つように考えて作っていきました。頭サビいうのはパワーがあるし、この曲はこういうメッセージがあるんだっていうのもわかりやすいし。最初の一行でわかるじゃないですか。

――この一行で、この曲の全体のテーマを言い切っている。言葉にしろメロディにしろシンプルだから、すぐに覚えて歌えそうなサビだしね。

UZ:そうなんです。そういうわかりやすさ、受け取りやすさというのは作る上で念頭に置いていましたね。

――歌入れはどうでしたか?

IKE:自分のリアルに経験してきたことを描いて歌えましたね。一番伝えたかったのは、自分を信じて、良いイメージを作っていこう。進んで行けば必ず未来は明るくなるっていうこと。そこを頭に入れて歌いました。あとはキーが高かったので、力を抜くことには苦戦しましたけど、気持ちの良い曲でしたね。歌ったあとで曲を聴き返すときに、“あぁ、この曲を日比谷の野外音楽堂で歌いたい”って思いました。だから今は、俺にとって未来を想像するための曲になっています。

――ドラムはイントロから難易度が高そうですが……。

KENTA:めっちゃ難しかったですよ、ドラムロール。そこでつまずくか!ってところでつまずいてましたからね(笑)。本編はそんなに時間がかからなかったんですけど、このイントロのドラムロールだけで2時間くらいかかりましたもん。

――このドラムロールはちゃんと歌に寄り添わなければいけないから大変ですよね。

KENTA:いや、寄り添う、寄り添わない以前の問題が発生していたので……。

――え?

KENTA:……下手クソ?

一同:わはははは(笑)。

――アラが見えやすいテンポですからねぇ。

KENTA:めちゃめちゃ見えやすいっすね。マーチングってスゲェなって思っちゃいました。

UZ:ドラムロールって、二人でやるともっと広がるので、ドラムテックの方と二人でやってもらったんですよ。でもKENTAがあまりにもひどいので(笑)、“テックの方、一人でいいんじゃない?”って何度も言おうとしたんだけど、KENTAはメンバーですからね(笑)。

KENTA:まずはドラムテックの人は許さないし、まぁみんな許しませんよね(笑)。

――そんなKENTAくんやメンバーがレコーディングしているところもENZEL☆は見守っていたわけですか?

ENZEL☆:この歌は前面的に見守る係ですよね。ワーワー煽るような曲でもないので。

――自分の美しき日々を思いながら?

ENZEL☆:そう……思いながら……そんな日ってあったかなぁ?

UZ:それやだなぁ。なんで俺らENZEL☆を感傷に浸らせるために演奏するわけ?

KENTA:しかもUZの真後ろで遠い目をしてるんだぜ?

――ははは(笑)。遠い夏の日とかに思いをはせてください。

ENZEL☆:挑戦します!

――意外とお客さんにはその感じが伝わったりしてね。

IKE:この曲でENZEL☆を見てもらったら俺は困るんですよ! この曲は俺が頑張ります。

KENTA:ENZEL☆って、お客さんとして見ていたら気になるんだよね。あの人、バラードのときって何をやるんだろうって。で、見てたら……浸ってるよ~~(笑)。

一同:わははは(笑)。

IKE:了解! それすらも包み込みます。

KENTA:そうそう。やっぱそれでもヴォーカルすげぇわーって言わせるようにしないと。

――8月24日にリリースで、9月は夏休みも終わって再スタートの時期でもあり、そういう時期にもピッタリな曲だと思います。夏が終わった9月の青い空のような曲だから。暑苦しくポジティヴな曲ではなく、自然に上を向けるような。

IKE:そうですね。この曲、人と近い距離で歌いたい曲なんで。上から目線でもないし、横に寄り添って歌うことを心がけたいですね。本当はこういう曲も好きだし得意だし、ずっとやりたいと思っていたんですけど、5枚目にしてやっとタイトル曲でバラードが出せたっていう感覚で。

――この曲もそうだけど、今回のシングルは肩の力が抜けているね。「リセット」なんかもすごく遊び心がある。この曲みたいに頑張りすぎて無理している女性は本当に多いと思うから、こうやって“肩の力抜いて!”って言ってもらえるとホッとしますね。

KENTA:うん。男ならたいていどこでもスウェットのまま行っちゃいますけど、それができない女性も多いですよね。

――うん。一言こうやって言ってもらうと考えるきっかけになるし。

MOMIKEN:世の中に“頑張れ!”っていうメッセージソングはいろいろあると思うんですよ。俺らの曲もたいがいがそれですから。でも、“頑張るな!”って全力で言ってくれる歌ってないと思うんです。こういう考え方もあるんだよって。そういうものもメッセージとして残しておきたくて「リセット」みたいな歌詞を書いたんですけどね。

IKE:その曲を俺は全力で歌ったけどね。全力で癒したいから。

MOMIKEN:うん。全力で頑張るなって言ってるんですよ。

――頭のところにも、自然と肩の力が抜けちゃうような仕掛けがありますしねぇ。

KENTA:そうそうそう。思いっきり“はい、休憩~”って言ってますからね。

UZ:デモの時点でああいう声を入れるっていうのは決まってたんですよ。

KENTA:“え? もう録ってんの?”って入ってるじゃないですか。あれはMOMIKENの声なんだけど、本当に素なんですよ。

MOMIKEN:しかも、その声がサンプリングされてところどころに入ってるんですよね(笑)。

KENTA:この曲はサウンド自体も遊ぼうって感じだったから、無駄なアレンジがたくさんあるんですよ。

UZ:ふざけたギターの音も入ってるしね。冒頭にああいう声が入っているとわかりやすく提示できますよね。これはそういう曲なんだって。やるならやるで全力で脱力しようかなって。

――演奏自体は脱力してないんだけどね(笑)。しかも、メッセージはしっかりあるし。

KENTA:頑張るな!ってね。

――三曲目は「感情ディスコード」のライヴバージョンだけど、ライヴバンドだからこそ、こういうのはいいですね。

UZ:俺自身は、これをやるまではライヴ版を入れるのは反対だったんですよ。ライヴはその場で見るのにかなわないし。でも、やってみたら、俺らのライヴの魅力が伝わりやすいって素直に感じて。これから毎回入れたいくらい(笑)。

――ライヴを見て欲しいバンドだし、ENZEL☆の声が入っているのもいいしね。

IKE:そうそう。ENZEL☆が何をしているのかもわかる(笑)。

UZ:うん。ENZEL☆もいいね(笑)。

――今まで出してきたシングルとはまた一味違う雰囲気。ライヴ音源が入れられるというのも肩の力が抜けているように感じるし。

IKE:こいつで勢いを増して、野音に向けて走って行きたいですよね!

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス