ボブ・ディラン、ジャック・ホワイトらがハンク・ウィリアムスの未完の曲を完成

ツイート
ボブ・ディラン、ジャック・ホワイト、ノラ・ジョーンズらがカントリー・シンガー、ハンク・ウィリアムスのトリビュート・アルバムを制作した。ただ彼の曲をカヴァーしたのではない。ウィリアムズが残した、歌詞や曲のアイディアを綴ったノートブックをもとに新曲を作り上げたという。

このプロジェクトはもともとボブ・ディラン1人で行なう予定だったが、さまざまなアーティストが参加することになったそうだ。ハンク・ウィリアムスの孫、ホリーやディランの息子、ジェイコブらも参加している。

『The Lost Notebooks Of Hank Williams』のトラックリストは以下の通り。

アラン・ジャクソン「You've Been Lonesome, Too」
ボブ・ディラン「The Love That Faded」
ノラ・ジョーンズ「How Many Times Have You Broken My Heart?」
ジャック・ホワイト「You Know That I Know」
ルシンダ・ウィリアムス「I'm So Happy I Found You」
ビンス・ギル&ロドニー・クロウェル「I Hope You Shed a Million Tears」
Patty Loveless「You're Through Fooling Me」
レヴォン・ヘルム「You'll Never Again Be Mine」
ホリー・ウィリアムス「Blue Is My Heart」
ジェイコブ・ディラン「Oh, Mama, Come Home」
シェリル・クロウ「Angel Mine」
Merle Haggard「The Sermon on the Mount」

アルバムは10月4日にEgyptian Recordsからリリースされる(全米発売)。ノート・ブックが発見された経緯、アルバムが作られることになった理由を記したライナー・ノートが付くそうだ。

カントリー・ミュージック史上最も偉大なアーティストの1人と評されるハンク・ウィリアムスは、1953年、わずか29歳でこの世を去った。

Ako Suzuki, London

◆BARKS洋楽チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス